「赤本合格レシピ」 教学社 1300円

 

今回の本は、受験生のためのレシピ本です。

 

子供の受験のとき、親というのは本当に無力です。子供のためにできることは、ほんの少ししかありません。せいぜい、家の中を居心地よくして、おいしいご飯を作ってあげることくらい。

 

けれど、食べることは、体の調子を整えたり、心のバランスをとったり、受験を乗り切るためには大切なこと。

その食べることを、体と心の両方の面からサポートできるようなレシピを、今回一冊にまとめました。

お役に立てれば、幸いです。

 

詳しくは、でいりいおくじょのの2015年7月14日をご一読ください。

「だから、毎日作りたくなるレシピ」 
いきいき株式会社 出版局 1620円)

 

この本は、雑誌いきいきに連載していた料理をまとめたものです。

お金を出せば、便利に食べ物を手に入れられる時代。

必ずしも、自分で料理する必要がなくなりました。

 

だからこそ、自分で料理することには、作りたくなる理由が必要なのではないでしょうか。


 

経済的

健康にいい

野菜がたくさん食べられる。

自分好みの味に仕上げられる。

 

加えて、

料理することで、ワクワクドキドキ、好奇心が刺激され

やる気や元気が出てくる!!!

 

そんな料理をたくさん紹介しました

 

この本で、毎日料理を作りたくなる気持ちが刺激できればうれしいです。

スープジャーのお弁当にピッタリ!

「奥薗流 おかずスープ」 (世界文化社 1404円)

 

「スープジャーのお弁当」に続く、スープシリーズ第2弾!!

 

朝ごはんにも、晩ご飯にもなるスープを紹介しました。

今回は2人分を鍋一つで作ります。

 

あらかじめつけない、こさない、ごみが出ない奥薗流うまみの引き出し方を

詳しく解説しました。

野菜たっぷり、うまみたっぷりのスープです。

詳しくは2014年 11月17日のでいりいおくじょのを読んでくださいね。

「作って食べてスッキリ元気! リセットひとりごはん」(海竜社)
2014年5月25日発売

 

食べ過ぎ、飲みすぎ、野菜不足、外食続きでカロリーオーバー・・・

自分のやってしまった、不健康なあんなこと、こんなこと

できることなら全部なかったことにしたいわ

というすべての人にささげるレシピです。

 

(詳しくは、5月26日のでいりいおくじょのを、ご一読くださいませ)

 

規則正しく、早寝早起き、適藤な運動と体にいい物を作って食べて

そんな優等生な生活を、だれもができるわけじゃない

理想を頭に描きつつ

時にはめを外して後悔する人生も、また楽し。

 

ああやっちゃったなと思ったときに

手に取って、いただければ幸いです。

手作りスープは体にやさしい!

「スープジャーのお弁当」

(世界文化社  1300円)

 

昨年から大ブレイク中のスープジャー。

あたたかいスープを温かいままもっていける水筒のようなものです。

これに手作りスープを入れて会社や学校に持っていけば

幸せなランチタイムが手に入ることまちがいなし。

 

忙しい朝の時間でも、パパっと簡単に作れて

野菜もたっぷり食べられて、

不足しがちな食物繊維やビタミン、バランスよくとれるように工夫したすーぷを

紹介したのがこの本です。

 

もちろん、かつお節、昆布、ちりめんじゃこ、乾物など

うまみのあるものを手軽に使って美味しさを引き出す奥薗流スープですから

うま味調味料は一切使わない

超自然系、身体にやさしいスープばかりです。

 

ついつい、手軽に済ませてしまいがちなお昼ごはん

体にいい習慣、始めて見ませんか?

『奥薗壽子の読むレシピ 旬の食材篇』
産経新聞出版 1400円)

 

旬のものを使って安くて簡単 栄養満点! 

産経新聞の大人気連載「奥薗さんちの今日もおいしくいただきまぁ~す」から、よりぬき68本のレシピを待望の書籍化。
全編にスペシャル書き下ろし食材解説付き。

その1:目次をみると、旬の食材がわかる
その2:本文を読むと、旬の食材を使った、簡単でおいしいレシピがわかる
その3:コラムを読むと、栄養や保存法、食材を無駄なく使い切るコツがわかる

主な内容
◇春の章 新キャベツとエビの炒め蒸し、アサリご飯
◇夏の章 枝豆のペペロンチーノ、ゴーヤーのカレー
◇秋の章 きのこと豚肉のあんかけ丼、カボチャのにんにくチーズ焼き
◇冬の章 大根と厚揚げの塩煮、ブリのおろし煮
など全82品目のレシピ!

『ズボラ人間の料理術』
サンマーク出版 800円)

 

料理の常識が覆され、腕前がみるみる上がる本! 「料理は好きだけど、面倒くさいことはイヤな人」
「根はズボラだが、それでもおいしい料理を作りたいし、食べたいという人」
「料理において手間を省く技術をとことん磨きたいと思っている人」……

 本書は、そんな「ズボラ人間(=ズボラー)」が読めば、まさに目からウロコが落ちるような、ズボラ料理術の極意を伝授する書です。たとえば、野菜の皮をむかずに料理したり、一つの鍋で同時に三品の料理を作ってみたり……。

 ご参考までに本書で説かれている「正しいズボラの7か条」を以下に記しておきます。
 1.面倒くさいと思う気持ちに素直になること。
 2.手を抜くことで、おいしくなること。
 3.使う道具は限りなく一つであること。
 4.その日のうちにすべてを使いきること。
 5.限りなくヘルシーであること。
 6.料理の既成概念を捨てること。
 7.実験精神旺盛で、遊び心があること。

 詳しくは本書をお読みくださいね。これまで信じてきた料理の常識がことごとく覆される快感に、あなたもはまるはずです!

 

『おくぞの流 簡単 激早 いきいき野菜おかず238』
講談 1500円)

 

1.超簡単なレシピをとにかく数多く紹介する、好評『おくぞの流 簡単 激早 おかず』シリーズの待望・久々の野菜の新レシピ集。
2.「おくぞの流」の原点の野菜料理。
3.読者さんの反響・要望は、『野菜おかず』がもっとも高い。
4.主材料(野菜名)のあいうえお順の編成だから、見たいレシピが簡単にすぐに探せる。
5.主材料は、いつでもどこのスーパーや小売店、生協などでふつうに売られている野菜にかぎる。売られている通常の分量・単位を基準にレシピ構成。
6.野菜以外の材料や調味料も、スーパーなどで日常的に手に入るものだけを必要最少限に。
→ 昨今の「安い」「早い」「少ない」のニーズにドンピシャ!
→ お財布にも時間にも経済的&効率的!
7.『おくぞの流 簡単 激早 おかず』シリーズ5冊揃えると、1,000レシピ以上に。野菜おかずの3冊だけでも700レシピ以上!

 

『奥薗流・腸美人レシピ 美と健康は腸を元気にすることから そのための125品』
文化出版局 1400円)

 

美と健康を手に入れる近道は「腸」を元気にすること。免疫力アップの発酵食品。腸管を守るネバネバ食品。腸をお掃除する食物繊維たっぷり食品。腸内菌の働きを活発にするオリゴ糖たっぷり食品。それらを使った簡単料理をご紹介。

『おくぞの流 簡単 激早 野菜おかずベスト180』
講談社 648円)

 

はやい!安い!おいしい!うれしい! いつもの野菜と材料で、だれでもすぐに作れる超簡単レシピを、とにかくたくさんたっぷり紹介!

『おくぞの流 簡単激早 たっぷり野菜おかず229』(講談社)

の中から180品を選んで文庫本に収めました。

文庫なので鞄の中などにちょっと入れておいて

気軽にパラパラとめくってもらえたらいいかなと思っています。

 

『奥薗壽子の超かんたん! [極うま]減塩レッスン』
PHP研究所 1300円)


「塩分控えめの料理は、正直、おいしくない、だから続かない」
と、実感される方が多いと思います。本書は、テレビや雑誌でお馴染みの家庭料理研究家・奥薗壽子さんが、研究を重ねに重ねてたどり着いた“おいしく続けられる究極の減塩メソッド"を紹介するものです。
ただたんに塩分を減らすだけではなく、「うまみをきかせる」「材料は小さめにカット」「汁物は水分を少なく」「野菜たっぷりで塩分を排出」「味を均一につけない」など、おいしさはそのままに減塩できるテクニックを紹介。
煮物や汁物、炒め物、麺類…、定番料理を減塩しなければ意味がないと著者は言います。本書では、調理法別にコツを紹介し、どんな料理にも応用できるように構成しました。
健康でいたいけれど、食事がおいしくなければなかなか続きません。高血圧や生活習慣病が気になる方、まずは、本書の料理を召し上がってください! 減塩だと気づかないくらいの濃い味付けに驚くはずですよ。

『奥薗流・いいことづくめの乾物料理』
(文化出版局  1400円)


 「もっと使える乾物の本』(農文協)がでてから、早10年。 地道に乾物のよさを紹介してきたものとして、ここ数年、乾物のよさが世の中全体に広まったことは本当にうれしいですね。奥薗流の乾物使いも、ずいぶん多くの方に受け入れていただき、 簡単においしく料理してくださるようになったことも、すごくうれしいことです。
  ここにきて、もう一度奥薗流乾物料理という物をきちんとまとめて、今まで奥薗流で作ってくださっていた方も、奥薗流を知らなかった方にも、もう一度、新鮮な気持ちで、奥薗流の乾物使いを紹介してみたくて、まとめたのがこの本です。
  この10年、私自身乾物については更に使い込み、もっと簡単においしくする方法を発見し、 乾物がもっともっと身近で手軽でおいしいものに感じています。そんな思いが、この本で伝わるといいなと思っています。
   乾物のしみじみとしたおいしさで 時に、心癒されてみてはいかがでしょう?

『奥薗流 超ムダなし!食べきりレシピ』
(家の光協会 1900円)


超大作の本がいよいよ完成しました。 素材の基本の下処理から、保存方法、栄養価、使いきりレシピ、おすすめの食べ方、 料理のポイントも、一つ一つ丁寧に入れました。 一家に一冊あれば、絶対お役立ちの一冊になること間違いありません。
取り上げている食材数73

総レシピ数238。
あれ、どうするんだけ?と思ったら、ささっとページをめくってもらえたら、 きっと、ほしい情報、作りたいレシピが見つかるはずです。

『奥薗壽子のラク!早!ごはん』
(主婦と生活社 680円)


 これまで出版させていただいた本のなかから、スライサーやはさみを使ったスピードアップ料理屋、ポリ袋を使った手間なし保存で、楽して食べきる料理、ゆでない戻さないらくらく料理、同時進行の時短料理など、楽して速くておいしい料理ばかりを1冊にまとめました。

『読むレシピ2』(産経新聞出版)


   産経新聞で好評連載中の“今日もおいしくいただきまぁ~す”、待望の第2弾です。今回は、字の大きさも若干大きくし、さらに読みやすくなり    『読むレシピ1』に勝るとも劣らず、良い本になりました。 表紙は、前回赤だったので、今回は元気一杯のビタミンカラーの黄緑です。
 料理写真はありませんが、だからこそ、伝わる、料理の空気や、細かいこつなど、文字でしか伝えることのできない部分にこだわって書きました。あっ、これ作ってみたいな、おいしそうだなと思ってもらえるレシピ満載です。

『奥薗壽子の超かんたん!糖尿病ごはん[激うま]レッスン』
(PHPビジュアル実用BOOKS 1300円)


 血糖値が気になっている人、糖尿病予備軍かも?と思っている人に向けたレシピ集です。
 ある日、健康診断で血糖値が高いですよといわれたら?このままいると糖尿病になりますよ、といわれたら?何をどんな風に見直したらいいのか、わからないことだらけだったりしませんか?また、いきなり糖尿病食の本を見ても、カロリーだの、食事制限だのと、わからないことも多く、言われたとおり、きちんと全部守ろうとがんばってみても、長続きしそうにない、なんてことはないでしょうか?
 そこで、この本は、最初から全部完璧にやろうとせずに、できるところから一つずつ、生活を見直して見ましょうというスタンスで展開してみました。一応レッスン形式になっていますが、できるところから、はじめてもらって結構なんです。
 大事なことは、ほんの少し生活を見直してみること、そして作る人も、食べる人も、楽しくおいしくが基本です。ですから料理を簡単においしくするコツと、減塩ポイント、カロリーダウンポイント、食物繊維を無理なくとれる工夫など、できる限りたくさん書き込みました。糖尿病の人も、糖尿病でない家族の人も、一緒に食べて、一緒に元気になってもらえたらとおもっています。
 メタボ対策にもおすすめの一冊です。

『奥薗流・まごわやさしい健康料理』
(文化出版局  1400円)


 以前、このなべかま通信でも書いたことがある「まごわやさしい」。豆類の「ま」、ごまの「ご」、わかめなどの海藻類の「わ」、野菜の「や」、しいたけ、シメジなどのきのこ類の「し」。いも類の「い」。
 バランスよく食べた方がいいのはわかっているけれど、バランスよく食べるって、何を?どのくらい?しかもそれを毎日食べるって大変。ところが、今日何を食べようかと思ったときに、このまごわやさしいと呪文のように唱えてみると、ほら、簡単に、ああそういえば最近いも類を食べてないな、とか、海藻類が食卓に並んでいないとか、そういうことに気づくことができるんです。
 もちろん、毎日必ずまごわやさしい、全ての食品と食べないといけないというわけではなく、時々こんな風に呪文のように唱えて、足りない食品を補うだけで、簡単に食のバランスが改善されるというわけ。
 この本は「まごわやさしい」の食材を使って、簡単にできる料理をまとめた一冊です。思い立ったときにすぐ作れるように、また繰り返し作ってもらえるように、シンプルなレシピばかりを厳選しました。台所に一冊あれば、心強い見方になるはずです。

『読むレシピ』(新潮文庫)


産経新聞社から発売していた読むレシピ。このたび文庫サイズになりました。
 タイトルどおり読むレシピなので、料理写真は
一切ありませんが、その分、細かいコツを丁寧に書き、読んでもらっただけで作れるように工夫しました。かばんの中に入れてもらい、ちょっとした秋時間にぱらぱらとめくってもらえたらうれしいなと思います

『奥薗流 早ワザ!おかず』
(別冊ESSE BASIC 880円)

 

雑誌ESSE 出発表させてもらったレシピに新しい新作レシピをプラスして、一冊にまとめたのがこの本です。忙しい日も、これでラクラク作ってもらえるように、あちこちに奥薗流のテクをたくさんちりばめました。
 メインのおかずはもちろん、サブおかずやスープ、野菜料理、スピードお弁当まで、盛りだくさんのラインナップになっています。
 好評だった奥薗流スボラギョウザ、一つのフライパンで一度に2品できちゃうメニューもバッチリ載っていますよ。

奥薗壽子のやっぱり豆腐!
(日東書院本社 1260円)


 手に入りやすくて、安くて、体に良く、消化がよくって皆に好かれる豆腐。
そのまま食べるもよし、形を変えて料理するもよし。そんな豆腐の魅力をおもいっきり楽しみながら味わい尽くせる一冊です。面倒な水切り不要で、本格的に揚げだし豆腐やがんもどきなんかも作っちゃいますよ。
 豆腐+肉、豆腐+野菜、豆腐だけで作れるおかず、豆腐ご飯、豆腐スイーツ。この一冊で、豆腐メニューが無限に広がります。