豚肉のカレー生姜焼き弁当

はっと気がつけば、3月も3分の2が過ぎ

年度末ということもあって

 

何かと気ぜわしい毎日です。

天気予報によれば

もう真冬のような寒さに戻ることはないということなので

冬のコートもクリーニングに出してもいいそうな。

 

そうなると、もはやちょっと肌寒いなと思っても

暗い色の冬のコートを着て出かけるのはちょっとためらわれますねえ。

 

ということで、

今年は、トレンチコートを新しく買い替えました。

ほとんど、なんの飾りもないような

ストンとした、本当にシンプルなデザイのもの。

 

色は、紺色っぽいのも気になったのですが

これからの時期に着るには

ノーマルなベージュいいかなと思い、

いろいろ合わせてみた結果

ちょっとダークなベージュにしました。

 

顔の色や、中に着る服の色によって

同じベージュでも、印象って随分変わるんですね。

 

なーんて、今日はちょっとおしゃれの話を書いてみましたが

実は、私は、おしゃれには全く自信がなくて

 

特に50代になってからは

今まで着ていた服が、急にどれもこれも合わなくなって

体型が変わったのか、見た目が変わったのか

(多分両方・・・)

 

一体何を着れば似合うのか、全く方向性を見失っているこの頃です。

無理して若作りしているようにも見られたくないし

かと言って、おばさんにはなりたくないし

体型を隠さずに開き直る自信もないけど

体型を隠すことに気を取られると

どれもこれもダボッとしてたりズドンとしてたりする服になるし

 

薄着になれば、スースーして風邪を引きそうだけれど

もこもこ厚着するのはダサいので

ヒットテック2枚重ねで、薄着のフリをしたり

足元は、厚手の加圧ストッキングでしっかりガードしたり

 

いやはや、50代、あちこちガタはきていますが

心はまだまだ女子なのであります。

 

さてさて、

今日も頑張ってお弁当作り

 

 

今日のお弁当はこれ

豚肉のカレー生姜焼き

紅しょうが入り卵焼き

さつまいものレモン煮

小松菜とえのきのおひたし

ちくわのチーズパン粉焼き

ミニトマト

 

いつもの豚のしょうが焼きに、カレー粉をプラスするだけで

なんだか新しい味になるから不思議です。

一緒に玉ねぎを炒めると、ぐっとおいしくなる気がします。

 

今日の卵焼きは紅しょうが入り。

紅しょうがを細かく刻んで入れただけですが

紅しょうがの塩分で味が決まるし

卵焼きのアレンジとしてはかなりイケテルと思います。

関西ではおなじみです。

 

さつまいものレモン煮

さつまいもは、いちょう切りにして盛りつけていますが

煮るときは輪切りで煮ておいて

煮あがってからいちょう切りにするほうが、

皮がめくれず、綺麗に仕上がります。

 

小松菜とえのきのおひたしは

たっぷり入れれば野菜がバッチリ食べられてヘルシー

 

ちょっと隙間が空いたので、

ちくわを縦半分に切って、くぼみのところにプロセスチーズをのせて

パン粉をかけてオーブントースターで焼けば

超簡単隙間おかずの出来上がり。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Yu-Ki (月曜日, 21 3月 2016 07:21)

    奥薗先生、おはようございます。
    私も、おしゃれには疎い人間です(^_^;)。
    暑さ寒さも彼岸まで、と言いますね。
    衣替えのタイミングは、毎回迷います。
    替えたと思ったら季節が逆戻りしたり……。
    当地は、車のタイヤを冬用タイヤから普通タイヤに替えるのも、季節の変わり目の風物詩です。

    今日は、しょうが焼きに、紅生姜入り卵焼きなんですね(^_^)。
    暖まりそうです。
    被っているけど、全然被っていなくて、むしろ卵焼きが、カレー味を引き立てそうですね。
    カレーの香りって、食欲をくすぐりますね。

  • #2

    Yu-Ki (月曜日, 21 3月 2016 08:48)

    先生の、白いシャツに赤いエプロン、笑顔が大好きです。
    印象的です。
    いつも春らしく、あたたかいです。