2016年

4月

13日

シイタケつくね弁当

マンションで配水管の一斉清掃があって

流しの下とか、洗面台の下とか

排水管の通っているところを開けられるようにしておかないといけなくて

いや、正直、そんなめちゃめちゃ物を詰め込んでるわけではないのですが

まあ、掃除をする機会をもらったと思って

 

今日は一日、掃除デーです。

こういう掃除の気分というのは、家族の中に伝染するようで

息子も娘も部屋の掃除をはじめ

気が付いたら、夜の変な時間になって、

家族みんなで大掃除。

 

ちょっと油断すればどんどん増えて

そのほとんどが、いらないものばっかりですね。

やれやれ・・・。

 

たぶん、いろんな情報とかも

こんな風に、どんどん自分の頭の中にほおり込むばっかりだと

何がどこにあるかさっぱりわからず、

そのうち、どんどん窮屈になって身動きできなくなってしまう。

 

見たこと、聞いたこと、味わったこと

きちんと頭の中で整理して

自分の頭で考えて、自分の心で感じて

自分にとって、必要なものと必要でないもの、

キチンと区別して生活しないとね。

 

あるいは、こんな風にちょっと立ち止まって、

客観的に、周りを見回してみる時間も大事。

 

さてさて、今日のお弁当です。

 

今日は、シイタケつくね弁当

 

シイタケつくね

ほうれん草とコーンの粉チーズ炒め

かぼちゃのじゃこ煮

ソーセージ、卵焼き、ミニトマト

 

 

 

シイタケつくねは

シイタケに鶏のひき肉だねをこんもりのせて焼いてから

甘辛の照り焼き味ををからめました。

 

半分しいたけなので

低カロリーで食べ応え十分。

 

切らずに大きいまま入れたので、

噛み切りやすいように、しいたけの傘のほうに、十字に包丁を入れておきました。

 

かぼちゃのじゃこ煮

ちりめんじゃコをだし代わりにして煮ると

うまみたっぷりで甘煮よりもご飯のおかずになります。

かぼちゃって、かつおのだしより、煮干しやちりめんじゃこのだしで煮る方が

絶対おいしいと私は思います。

 

ほうれん草は、コーンと一緒にさっと炒めて。

この組み合わせ、味もさることながら、彩がパーッと華やかになるので

 

気に入っています。

コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    Yu-Ki (水曜日, 13 4月 2016 04:57)

    奥薗先生、おはようございます。
    お掃除、お疲れ様でした。
    私たちは、物に溢れた時代を生きていますね。
    心もそうではないかな。
    そんな中で、本当に自分の大切なものを大事にしたいです。

    椎茸の肉詰めは、見た目にも可愛くてお弁当を楽しくさせますね。
    味も甘辛だったり、ハンバーグっぽいのだったり、アレンジ広がりますね。
    ホウレン草コーン、共感です(^O^)。
    コーンの甘さが、挽き肉とよく合いますね。

    先生、昨晩、辛子酢味噌を作りました。
    お醤油を加えたところ、味がびしっとしまり、今まで納得いかなかった自家製酢味噌、大成功しました。
    先生のレシビに感謝です。
    因みに、ホタルイカ、わかめ、ホウレン草でした。
    次もこれでいこうと思います。
    ありがとうございました。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。

  • #2

    いつも思うのですが (水曜日, 13 4月 2016 11:18)

    そのお弁当も、フタがしまらないですよね。
    フチからはみでてますし。
    いつかのスープジャーの時にかかれていたように、
    お弁当も撮影用に詰めて、撮り終わったら少なく詰め直すのでしょうか?

  • #3

    青い料理人 (水曜日, 13 4月 2016 16:34)

    >コメント♯2 いつも思うのですが 様
    横からのレス、申し訳ありません。

    この疑問については、既に奥薗先生が答えていらっしゃいます。
    2016年3月19日(土)「肉団子の甘酢炒め」のコメント欄をご覧ください。
    HP上部の「でいりいおくじょの」をクリックされると、過去の記事一覧がでてきますので。

    なお、コメントされる場合は、たとえHNにせよ、名乗られた方がよろしいかと思います。
    併せて余分な申し様、すみません。

  • #4

    ぷくちゃん (水曜日, 13 4月 2016 17:02)

    奥薗先生、こんにちは。

    頭の中・心の中は、目に見えない分、部屋よりも余計なものが溜まりやすいかもですね。
    時には、意識して掃除しないと!ですね(^^;

  • #5

    あん (水曜日, 13 4月 2016 23:50)

    このタイプのお弁当箱は下の段(ご飯)は蓋はシール状で詰めるものはすりきり状態、でも上の段(おかず)は蓋にも厚みがあって幾分余裕があるのです。ですから、箱から飛び出ていても、うまく収まります。うちも縦長ですが2段弁当箱使ってます。
    o(^_^)o
    ですよね、多分。

  • #6

    おくじょの (木曜日, 14 4月 2016 01:09)

    いつも思うのですが様

    もろもろ、ご心配をおかけして申し訳ありません。
    基本的に、このまま蓋をして、娘に持たせているので、特に、閉まらなくて困ったことなど一度もなく、ただ、ちょっとおいしそうに見えるように、ちょっと、立体感があるように見えるよう角度などを変えているのと、結構低い位置から撮っているので
    余計、飛び出しているように見えてしまうのかもしれません。
    その辺のところ、今日のでいりいおくじょのに書いてみましたので、よかったら読んでください。

    実際、蓋が締まらずに困ったことは一度もないので、見え方の問題で
    閉まらないぞって感じに見えさせてしまったのは、私の料理研究家としての力不足ですが、私にとって、ここで紹介させていただいているお弁当は、あくまで、娘のために作っているもので、そのリアリテイーこそが、最も伝えたいことで、実際にお弁当を作っておられる方が、参考にしてくださったり、少しやる気になってくださったりしたらうれしいなと思っています。

  • #7

    おくじょの (木曜日, 14 4月 2016 01:10)

    青い料理人様

    フォローしてくださり、ありがとうございます。感謝です。

  • #8

    おくじょの (木曜日, 14 4月 2016 01:13)

    あん様

    フォロー、ありがとうございます。
    そうなんです!!!蓋にちょっと立ち上がりがあるんです。だから、こういう入れ方をしても、全然問題なく締まるんです。分かってくださる方がいて、めちゃめちゃうれしい!!

  • #9

    おくじょの (木曜日, 14 4月 2016 01:14)

    Yu-Ki様

    酢味噌、おいしくできてよかったです。
    これをマスターすれば、具に変化をつけるだけで、和風野菜サラダみたいな感じで、気楽に楽しめますよ。

  • #10

    おくじょの (木曜日, 14 4月 2016 01:17)

    ぷくちゃん様

    そうなんです。ものと同じくらい、いやそれ以上に情報が氾濫しすぎているので、もので生活スペースがどんどん狭くなるみたいに、いろんな情報が入りすぎて、自分で自分をがんじがらめにしてしまうことって、あるような気がするんですよね。
    時に深呼吸して、シンプルに考えてみる、素直に物事を見たり感じたりしてみることも必要かもですね。