吉祥寺、天音のたい焼き&鮭のちらし寿司弁当

用事があって出かけたとき

以前だったら、

何かに追い立てられるように、お茶の一杯も飲まずに家に帰ったものでしたが

最近は、ちょっと足を延ばして、

ちょっと雑貨屋さんをのぞいてみたり

大好きな和菓子屋さんでお菓子を買ってみたり

 

それが最近のひそかな楽しみです。

家族のために、ご飯を作ったり、掃除をしたり、洗濯をしたり

やり始めたら、どこまでやってもきりがなく

仕事をしながら、それらの家事も黙々とこなして

いつもいつも、何かに追い立てられる感じだったのですが

 

最近は、なんだかゆるーくなって

自分にも、結構優しくなって

いろんなことを許せるようになったら

なんか俄然、人生が楽しくなってきました。

 

以前、30代になった時

40代になったらもっと楽しくなるよと言われ

 

40代になった時は

50代になったらもっと楽しくなるよと言われ

 

今50代になってみて

ああ、こういうことかと、ようやくわかってきたところ。

 

60代になったら、もっと楽しくなるのかなあ。

 

今日は買い物が一段落して

ちょっとお茶でも飲んで休憩しようかと思ったけれど

ふと思い立って、たい焼きにしました。

 

吉祥寺に、いつも並んでいるたい焼き屋さんがあるのです。

有職たい菓子本舗 天音

 

ハーモニカ横丁とういう

迷路のようなほそーい路地に、いろんなお店が所狭しと入っている一角があって

天音はそんな一角にあります。

 

もちろん、座って食べるところなどないし

たい焼きって、やっぱり焼きたてのアツアツがおいしいから

路地のわきの、邪魔にならないところで、立ったまま食べるわけです。

 

老いも若きも、細―い通りのお店の前にきちんと並んで順番を待ち

買った人からあっちこっちに陣取って焼きたてのたい焼きを、立ったままほおばる

なんかワクワク楽しい。

 

これだけで、また元気で頑張れそうです。

 

ちなみに、天音のたい焼きは

薄皮ぱりぱり系の皮で、羽根つきです。

あんこは黒糖が入った、しっかり甘い粒あん

けれど、パリパリの羽根が甘くないので、

一つ食べ終わった後は、甘すぎたって感じがじゃなくて

 

ちょうどいい甘さの余韻が残ります。

さて、話は前後しますが

今日のお弁当です。

 

今日は、鮭のちらし寿司弁当

 

おかずは

高野豆腐の甘煮とスナップえんどうの炊き合わせ

サツマイモの塩蒸し

キャベツときゅうりの梅肉和え。

 

 

鮭のちらし寿司は

甘塩鮭を焼いて身をほぐし、錦糸卵を細切りにすれば準備完了。

ご飯は酢飯にせず

白いご飯を適当に詰めたところに、ポン酢しょうゆを回しかけ

上に卵と鮭をのせて、ゴマを振っただけ。

 

ポン酢しょうゆを使えば、酢飯を作る手間も省けて簡単ですし

上に卵と鮭をのせれば、ご飯がちょっと茶色く染まったのも隠せます。

 

高野豆腐は、最後に鰹節を混ぜて煮汁を吸わせ

さらに、お弁当ケースに鰹節を入れたところに盛り付ければ

汁もれはほぼ防げるはず。

 

サツマイモは塩を振って、水少々を入れ、蓋をして蒸し煮に。

あえて味をつけて煮ず、塩味だけで蒸した、こんなシンプルなのも

箸休めとしては、おいしいものですよ。

 

キャベツときゅうりは塩もみしてから、梅肉で和えて

サラダ感覚で食べられる手作りお漬物は

塩分控えめでもおいしいし

 

残り野菜でちょこちょこっと作れるので、おすすめです。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    Yu-Ki (木曜日, 21 4月 2016 04:57)

    奥薗先生、おはようございます。
    今日は、雨模様ですね。

    たい焼き、はみ出た回りの薄皮がまた嬉しいですね(^O^)。

    こんなスタイルのちらし寿司もあるのですね。
    鮭の色が鮮やかですね。
    さつまいも、自身が甘さをもっているので、色々な味つけを楽しめますね。

  • #2

    romilinda (木曜日, 21 4月 2016 14:42)

    私、今、初めて先生のプロフィールを拝見。京都の方だったんですね。私は短大が京都でした。実は年は先生より随分上の60歳の後半です。私も神戸外大の英文科に願書を出しましたが、当日急にいやになり(自信がなかった?)受験しませんでした。親に怒られて困りました。懐かしい思い出でした・先生も色々とお仕事なさっておられたのですね。笑って?ごめんしまいました。実は私もです。ユニークなお料理を研究されていることに納得しました。サツマイモのアイディア頂きです。

  • #3

    ぷくちゃん (木曜日, 21 4月 2016 17:25)

    奥薗先生、こんにちは。

    私、羽根つきのたい焼きは食べたことないかもしれません(!)甘いところを休み休み食べられるので、良いですね。

    今日のお弁当は特に美味しそうです(^O^)彩りが鮮やかだからでしょうか。お弁当ケースの下に鰹節、私もやります。野菜炒めの下に敷いて上からポン酢をかけただけでも、食べるときに旨みが味わえて、ぐっと美味しくなっています。鰹節は、先生のレシピに出会うまで、実は冷奴の上に乗っけるだけだったのですが、いまや無くてはならない存在です。

  • #4

    おくじょの (金曜日, 22 4月 2016 01:19)

    Yu-Ki様

    たい焼きって、あんこと、皮と、羽根と、それぞれにおいしさがあるのです。
    お店によって、味わいが違うので、いろいろ食べ比べるのも楽しいのです。

  • #5

    おくじょの (金曜日, 22 4月 2016 01:25)

    romilinda様

    そうですか!!京都にいらしたことがあるのですね。京都もどんどん変わっていて、私自身、まったくついていけてません。でも、東京に暮らしているからこそ、見えてきた京都のいいところ、京都の懐かしさもあります。だから、時間を見つけては京都を散策するのも大好きです。

    私は、自分が何をやりたいか、何にむいているのか、なかなか見つけることができず、普通の料理研究家の方に比べると、ずいぶん遠回りをしてきましたが、でも、その無駄な時間が、結局は、自分にしかない宝物なのだと思っているし、それを無駄だと思うか、宝物にするかも、自分自身だと思っています。だから、これからも、一杯無駄なことをしてみたいです。

  • #6

    おくじょの (金曜日, 22 4月 2016 01:28)

    ぷくちゃん様

    鰹節、えらいですよね。
    冷ややっこやホウレン草だけじゃもったいない!!鰹節LOVE です。