2016年

5月

14日

折尾名物かしわめし弁当

北九州にあるJR折尾駅に

地元ではおなじみの駅弁「かしわめし」というのがあります。

鶏肉のスープで炊いたご飯の上に

しょうゆ味で煮た鶏肉と卵とノリが乗っている三食弁当で

 

以前北九州に住んでいたころは、大好きでよく食べたものでした。

3色弁当なんだけど、

鶏そぼろではなく、小さく切った鶏肉がのっているのと

鶏の旨みがしっかりしみ込んだごはんにしっかり味がついているのとが特徴で

一般的な三食弁当とは、全く違う食べごたえなんです。

 

北九州に住んでいたころ、マネをしてよく作っていましたが

昨日の夜、鶏のしょうゆ煮を作ったので

今日は、その懐かしいかしわめしを思い出しながら

私のオリジナルかしわめし弁当を作ってみました。

 

 

 

鶏のしょうゆ煮は、お節料理にも作るほどの我が家の定番。

しょうゆとみりんと酒と水とほんの少しの砂糖を小さな土鍋に入れ

沸騰したところに、鶏もも肉を大きいまま入れて

5分ほど煮たら、あとは火を止めて余熱で火を通すだけ。

 

とにかくほったらかして、おいしくできるがうれしいところ。

何かをやっている片手間に作れるので、本当に重宝します。

昨日は水餃子を作っていたので

最初に、鶏のしょうゆ煮を仕込んでおけば

餃子が出来上がるころには、鶏も柔らかく煮えているというわけ。

 

小松菜をさっと炒めて、その上に鶏肉を少しほぐしながら

煮汁ごとかければ、ほらね、簡単にもう一品できちゃう!!

 

本当は、この煮汁でご飯を炊けば、

さらに本格的なかしわめしになったんだけれど

まあ、そこまでしなくても、鶏肉にしっかりしょうゆ味がついているので

のせるだけで、おいしくできちゃいます。

 

本当のかしわめしは、

鶏肉、卵、のりの3色なんだけど

ご飯の上に海苔をのせると、彩が真っ黒になっちゃうので

刻み海苔はご飯の間にサンドして

その時、塩昆布も一緒にぱらぱらっとして、サンドしておきました。

 

そうすると、塩昆布の味がごはんに移るので、

ご飯が所々味がついてうれしいかなと。

 

あとは錦糸卵と、軽くほぐした鶏のしょうゆ煮を上にのせ

彩に、いんげんのごまあえと紅ショウガ

 

緑と赤が入ると、彩がパッと華やかになります。

 

野菜がちょっと少ないかなと思ったので

グレープフルーツを添えました。

 

北九州に住んでいたのは、もう20年も前になるのに

こんなお弁当を作ると、

あの時食べた駅弁の味や

あの時の気配とか

かしわめしを持って行った、スペースワールドのアトラクションとか

いろんなことを思い出します。

 

味の記憶って、消えないものですね。

というか、むしろ、思い出の中で、どんどん美化されていく。

 

ちなみにスペースワールドというのは、北九州にある宇宙をテーマにしたテーマパークで

子供が小さいころ、何度も行ったところでした。

宇宙遊泳の体験とか、宇宙食を買って食べたりとか

あのころはできたんだけど、今はどうかな。

あの頃より宇宙が好きになっているので、今行っても楽しい気がするな。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    Yu-Ki (土曜日, 14 5月 2016 07:21)

    奥薗先生、おはようございます。
    初夏ですね。

    私の愛読している料理漫画の舞台も博多で、かしわめしって、時々登場します。
    それは、鶏の五目ご飯みたいなものです。
    北九州では、鶏をかしわっていうんですね。
    郷土料理なんでしょうね。
    なんとも優しく、あたたかい味を想像します。
    鶏肉と卵って合いますね。
    親子ですものね(^O^)。

    先生が、当時より宇宙好きなのは、“宇宙兄弟”の影響でしょうか(笑)?。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。

  • #2

    ぷくちゃん (土曜日, 14 5月 2016 19:25)

    奥薗先生、こんにちは。

    お弁当、色鮮やかで食欲をそそりますね。

    色んな所で暮らしたことがあり、その土地の思い出があるというのも素敵ですね。
    私は産まれてこのかた、関西以外で生活したことがありません。旅先で関西弁で話していて「あっ関西弁だ~」なんて知らない人に囁かれているのを聞くと、アウェーだなぁと思います(^-^;

  • #3

    おくじょの (日曜日, 15 5月 2016 00:51)

    Yu-Ki様

    博多が舞台の料理漫画といえば、クッキングパパですか?
    九州に住んでいたとき、一度だけお目にかかったことがありました。クッキングパパは昔、読んでいましたが、最近はご無沙汰しています。久しぶりに読んでみようかなあ。

  • #4

    おくじょの (日曜日, 15 5月 2016 00:54)

    ぷくちゃん様

    いろんな場所で暮らすのも楽しいし、いろいろ経験もできますが、生まれた土地でずーっと暮らせるというのも、幸せなことだと思いますよ。私はいまだに関西弁で、もう20年東京にいるのに、いまだにアウエーです。でもだからこそ、いまだに、新しい発見やら、行ってみたいところがたくさんあって、面白いんですけどね。