タコのやわらか煮&鶏むね肉の梅マヨ焼き弁当

日本人は、世界の中で最も多くタコを食べている国民なんだとか。

そんなタコ好き国民にとって、うれしい季節になりました。

 

最近、スーパーでも、おいしそうなタコをたくさん見かけます。

お刺身や酢の物もいいですが

甘辛味で軟らかく煮たタコのおいしさも捨てがたいですね。

 

タコが特売になっていたので、たこの柔らか煮を作りました。

 

 

たこのやわらか煮は、圧力鍋で作るととっても簡単で

そんなに上等のゆでタコでなくても

お店で食べるみたいに柔らかくておいしいのができるんです。

 

圧力鍋の種類と大きさによって、

加熱時間と水分量は若干違ってくるのですが

基本的には、水、酒、しょうゆ、砂糖を入れて火にかけ

沸騰したところにゆでタコを入れてふたをし

圧力がかかったら火を弱めて、約10分。

 

あとは、火を止めて自然に圧が下がるまでほっておくだけ。

ねっ、簡単でしょ?

 

大事なポイントは、

小さく切らず、大きなまま煮て、

煮あがってから切ることです。

 

小さく切ってしまうと、うまみが抜けてしまうので

大きなまま調理して、煮あがってから切り分けるほうが、

形もきれいだし、味もいいですよ。

 

食べる時に、ワサビをつけると

ぐっとおいしさがアップします。

 

 

さて、今日のお弁当。

 

鶏むね肉の梅マヨ焼き

たこのやわらか煮

小松菜のおかか炒め

切り干し大根のうま煮

卵焼き

豆ごはん

 

お弁当にも、たこのやわらか煮、入れちゃいました。

こういうの、仕出し屋さんの松花堂弁当に入っているようなおかずなので

楊枝を刺して入れてみると

なんかちょっといい感じになりました。

 

鶏むね肉は、塩こしょう、小麦粉をまぶしてソテーし

焼きあがってから梅マヨを塗りました。

梅マヨは、梅干しの味にもよるのだけれど

梅肉とマヨネーズを混ぜたところに、少しはちみつを混ぜて

ほんのり甘めにしたほうが、おいしいと思います。

 

で、今日は豆ごはんでーす!!!

 

ちりめんじゃことグリーンピースを一緒に炊き込むと

じゃ子の旨みたっぷりのおいしい豆ごはんになります。

 

味付けは、塩だけ。

お酒を入れておくと、ほんのりお酒の香り。

 

塩味は、ちょっと控えめにしておくのがコツ。

 

豆ごはんのおにぎりだけをお弁当に持っていくなら

しっかり味をつけておく方がいいですが

こんな風におかずと一緒に炊き込みご飯を食べる時は

ご飯のほうの塩分を控えておくほうが

おかずのおいしさが引き立つし

 

あとで、のどが渇いて困るってこともないですよ。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (日曜日, 15 5月 2016 07:31)

    奥薗先生、おはようございます。
    クッキングパパです(^O^)。
    もう単行本は、136巻にまでなりました。
    相変わらず、ほっこりさせてくれる優しい漫画ですね。
    うえやまとち先生にお会いになられたのですか?。
    私からしたら、世紀のスペシャル対談だ~!。
    お二人を目の前にしたら、私は倒れるだろうな……(笑)。

    先日、念願の圧力鍋を購入しました(^O^)。
    まだ使い慣れていないのですが、たこのやわらか煮、さっそくやってみたいと思いますq(^-^q)。
    わさびですかぁ。
    楽しみです。

    それにしても、先生の和風弁当は、毎日飽きないように工夫の数々、勉強になりなります。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。
    いつか先生にお会いできる日を夢みて。