豚肉汁うどん&鶏むね肉のゆかり焼き弁当

今日は、髪の毛を切りに行くので

ちょっと早めに出かけて、何かおいしいものでも食べようかと思っていたら

息子もちょうど出かけるというので

 

一緒にランチに行くことにしました。

せっかく息子と一緒なので

一人ではちょっといけないような、ガッツ理系の男子ご飯もいいかと思い

前から気になっていたカツどんのお店に行くことにしたのですが

まさかのお休み。

 

それで、もう一軒、こちらも前から一度行ってみたいと思っていた

つけ麺のお店に行ってみました。

 

上荻 豚やの豚肉汁うどん 黒

 

 

関西人の私は、基本やわやわのうどんで育ったので

薄ーい出し汁に、コシのない柔らかいうどんが、私の中ではスタンダードで

東京の、黒いだしに使ったうどんはどうも、生理的にちょっと違うなって感じだったんです。

 

ところが、武蔵のうどんという、超コシのある固めで太目のうどんに出合っていらい

そのおいしさにすっかりはまってしまい

豚肉汁うどんののぼりを見ると、無性に食べたくなります。

 

あっ、豚肉汁うどんというのは

豚バラ肉とねぎを煮たスープに、うどんをつけて食べる、つけ麺で

このスタイルは基本、武蔵野うどんと考えていいそうなのです。

 

お店によって、麺の太さや硬さが若干違い

武蔵野うどん好きは、どこどこのお店は固めだとか柔らかめだとか

うどんのおいしさで、お気に入りのお店が分かれるみたい、

 

で、今日行った豚やさんは、

固めのうどんが売りで、

豚汁うどんは、白と黒の二種類。

 

黒は、しょうゆベースの漬けだれに、灰色かかった麺は、ふすまなどが練りこまれて模様。

 

それにしても麺が多い

めっちゃコシの強い麺なので、それだけで食べごたえがあるところに

すごいボリュームなので、本当にお腹いっぱいになります。

お腹いっぱいになりますが、麺自体はおいしいので、食べちゃうんですよね~。

 

う~ん、今日も食べすぎました。

 

とりあえず、歩いてカロリー消費を試みたけど

太るな~・・・・ヤバイ・・。

 

************************

 

さて、今日のお弁当です。

 

 

鶏むね肉のゆかり焼き

鶏レバーのしょうが煮

切り干し大根のうま煮

ブロッコリー、ミニトマト、卵焼き

 

ご飯の上に、たらこふりかけ。

 

鶏むね肉は塩こしょうを軽くしてから小麦粉をまぶして両面こんがり焼いて、最後にゆかりを振るだけ

こういうシンプルなおかずもいいものです。

最後にゆかりを振りますが、最初に軽く塩こしょうで下味をつけておくほうが、冷めたときに味がぼけません。

 

鶏レバーのしょうが煮は、昨日の夜のおかずに作ったものを、レンジで温めなおして入れました。

爪楊枝で突き刺して、焼き鳥風に。

 

明太子ふりかけは

明太子をキッチンはさみで切ってペースト状にしてからお酒を混ぜ、

フライパンでぽろぽろになるまで加熱して

最後にゴマをまぶしただけ。

 

こういうのって、ごはんにかかってたりすると、彩もかわいいしい

お弁当箱を開けたとき、なんだかちょっとうれしくなりますよね。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Yu-Ki (日曜日, 29 5月 2016 07:23)

    奥薗先生、おはようございます。
    息子さんとランチデート、いいですね。
    どんな会話をするのでしょうか?。

    見るからに満腹になりそうな盛りですね。
    手打ち麺でしょうか?。
    食べ応えがありそうな麺ですが、麺自体が美味しかったら、最後まで食べてしまえるのでしょうね。
    武蔵野うどんっていうスタイルがあるのですね。
    東京は、食べ物屋さん沢山ありそうだから、選択肢が多くて楽しそうですね。
    憧れるぅ~。

    鶏レバー、楊枝を刺すだけで、また気分が違いますね(^O^)。

  • #2

    ぷくちゃん (日曜日, 29 5月 2016 08:20)

    奥薗先生、おはようございます。

    私も関西で生まれ育ったので、初めて東京でうどんを食べた時は違和感がありました。逆に東京の人は関西のうどんに違和感を感じるのですかね(^-^;

    武蔵野うどん、名前を覚えておいて今度東京に行った時に食べてみたいです(^O^)