2016年

6月

01日

セスキにハマっています&鮭の梅味噌焼き弁当

最近、はまっているものがありまして

テレビで見て、ひとめぼれ。

その場ですぐにネット検索して、即購入。

 

以来、人生が変わるくらい衝撃の毎日です。

私が一目ぼれしたものというのは

セスキ炭酸ソーダ!!

通称、セスキ!!

 

実はこれ、炭酸ソーダと縦走を半々に混ぜて結晶させたものだそうで

水に溶いてスプレーして拭くだけで

もう、ウソみたいに汚れがとれちゃうんです。

 

台所の壁や床のべたべた汚れはもちろん

シンクや水道の蛇口

リビングの床や食器棚

電気のスイッチやドアノブ

 

今まで、お掃除用洗剤で拭いても、いまいちべたべた感がすきっとしなかったものが

あっけないくらい、簡単にきれいになるので

なんだかもう楽しくなっちゃって、

あっちもこっちも拭き掃除がしたくなるのです。

 

正直、今まで、油のべたべた感って、あきらめていたところがあって

油汚れによく効くっていう洗剤もいろいろ使ってみたけど

ちょっと根性出して、頑張って掃除しないと、なかなかすっきりしなくて

撮影の前などは、相当頑張って拭き掃除したりしてたんだけど

 

セスキに出会ってからは、依然やっていた拭き掃除はいったい何だったんだろう

っていうくらい、楽ちんになりました。

 

1キロで400500円くらい。

250ccに対して小さじ1の割合で溶かして使うので

1キロあったら、相当使えます。

 

ネット通販でも買えるので

拭き掃除があまり好きでない人にこそ、おすすめしたいです。

 

そんなわけで、私は、明日の撮影なので

食材の仕込みをやってから

後は楽しみながら家じゅう拭きまくりました。

べたべたが取れると気持ちもすっきりさわやかです。

 

********************

 

さてさて、今日のお弁当です。

 

 

鮭の梅味噌焼き

ひじきと人参と油揚げの煮もの

かぼちゃの甘煮

キュウリの塩麹漬け

卵焼き、ミニトマト

 

ご飯にかかっているのは、ゆかり風味のおかかふりかけ、手作りです。

 

甘塩サケをグリルで軽く焼いてから

梅肉入りの甘味噌を塗って、さらに焼いたもの。

 

先に酒をある程度焼いてから味噌を塗るのがポイントで

最初から塗ってしまうと、鮭に火が通る前に味噌が焦げてしまうのです。

 

キュウリの塩麹漬けは

キュウリの皮をところどころむいて乱切りにし

ポリ袋に塩麹とおろししょうがとお酢を入れてもみもみ

キュウリは皮をところどころ向いたほうが、断然早く浸かります。

塩麹にしょうがや酢を加えると、甘みが和らいで軽い味になります。

 

かぼちゃの甘煮は

少しの水で塩蒸しにし、柔らかくなったところで醤油とみりんをからめました。

塩蒸しの状態でちょっとつまみ食いしてみたら

とっても甘くておいしいかぼちゃだったので

 

砂糖を加えず、ほんの少しの醤油とみりんだけで十分おいしく味が決まりました。

素材と相談しながら、臨機応変に味付けを変えてみるのも

料理の楽しさです

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (水曜日, 01 6月 2016 04:46)

    奥薗先生、おはようございます。
    キッチンは、こまめに掃除しないと大変ですね。
    でも、汚れるのは料理をしている証拠ですから(笑)。
    掃除をすると、気持ちもスッキリなって、また料理がたのしくなりますね。
    新しいレシピが浮かびそうですね。
    セスキ、優れものですね。

    今日もまごころ和風弁当、工夫がなされていておいしそうですね。
    撮影、無事に進みますように。

    先生、今日も1日q(^-^q)ってください