2016年

6月

05日

アンヂェラス&鶏の照り焼き弁当

昨日浅草で立ち寄った、レトロな昭和の喫茶店アンヂェラス

 

そこで買った、その名もアンヂェラスという名のお菓子が、今日のおやつでした。

一見、ロールケーキのように見えますが

大きさは直径4センチほど、長さも10センチほどで

切り分けて食べるのではなく、一人一個って感じです。

 

外側のコーティングはチョコレートですが

中はバタークリーム!!

 

バタークリームと聞いて、ああ懐かしいと思った人は

大体私と同世代ですね~。

 

私が子供のころのクリスマスケーキって

生クリームではなくバタークリームが主流でした。

生クリームが口の中でスーッと消えるのに対して

もう少し口の中でこってりとしているクリーム。

今食べると、なんかすごーく昭和な感じで、懐かしい味ですね。

 

時代が目まぐるしいスピードで変化して

最近は、スイーツの世界もハイブリッド化が進み

食べたことのないような食感や、味を組み合わせたものも登場していますが

 

逆に、こういう、ずーっと変わっていないお菓子に出会うと

なんか、ものすごくほっとします。

 

このほっとする感じ

変わらない何か

家庭料理の中でも、きっとこういうの、大事なんだと思うな。

 

**********************

 

さて、今日のお弁当です。

 

 

鶏の照り焼きご飯

醤油卵

きゅうりの中華風即席漬け

和風コールスロー

 

鶏の照り焼きご飯、鶏むね肉を使ってさっぱりと

下に焼きのりを引いておくと、味が染みておいしいですね。

 

醤油卵は、昨日の夜に作っておいたもの。

ゆで卵を醤油とみりんと酒とともにポリ袋に入れ

中の空気を抜いて口を縛って一晩冷蔵庫に入れたもの。

 

ポリ袋の中に入れて、空気を抜いて口を縛っておくと

少ない調味料でも全体にうまくつかるのです。

 

和風コールスローは

キャベツのニンジンを軽く塩もみし

しょうゆベースのドレッシングで和え

みょうが、青しそを混ぜて和風に。

 

鰹節を混ぜておくと、水気を吸ってくれるし

うまみもアップ。

食べるころには味がなじんでおいしくなります。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Yu-Ki (日曜日, 05 6月 2016 07:13)

    奥薗先生、おはようございます。
    ホント、懐かしげなお菓子ですね。
    黒いチョコのコーティングと二種類あるのですね。
    なんだか、おばあちゃんを思い出す感じですね。
    “スウィーツ”でなく、“洋菓子”ですね(笑)。
    新しいものがどんどんでてくるなか、生き残っているのですから、それなりの価値あるお菓子なんでしょうね。

    お弁当、“照り”が食欲をそそりますね。
    照り焼きあじは、ほっとする味ですね。

  • #2

    おくじょの (日曜日, 05 6月 2016 23:42)

    Yu-Ki様

    照り焼きあじのお弁当って、定番中の定番なので、見るからにほっとする感じですよね。