スパゲテイーナポリタン

今日は、オーソドックスな低パンスパゲテイーが食べたくて

 

スパゲテイーナポリタンを作りました。

スパゲテイーって、家にあるものを入れて適当に作っても

それなりにおいしくできちゃうので

今日は何食べようか、と迷ったら、

とりあえず、適当にスパゲテイーを作る、みたいなことってあると思うんだけど

 

ナポリタンとなると

適当なようで、やっぱりちょっとこだわりがありませんか?

 

私も、一応いくつか、こだわり・・・・というべきものがありまして

 

まず、パスタは太めです。

 

今日はフェトチーネという、ちょっと平たい形の太麺を使い

それをちょっと軟らかめにゆでました。

ナポリタンの時は、アルデンテとか、そういうのは気にしないほうがおいしい気がします。

 

さらに言うなら、普通はソースができるタイミングと

パスタが茹で上がるタイミングを、ぴたっと合わせるんだけれど

ナポリタンに関しては、先にパスタをゆでて、ざるに上げておく感じです。

ちょっと麺が伸びて、もちっとしたほうが、

なんか昭和な感じがして、いいと思うのです。

 

合わせる具材は

ハムにするか、ソーセージにするか迷うところで

私だけだったら、あっさりとハムも好きなんだけど

息子が一緒だと、ソーセージやベーコンのような、ちょっとボリュームがあって脂のコクが入るほうが喜びます。

 

で、今日は、ベーコンとソーセージのダブル使いです。

 

フライパンに、ベーコンと玉ねぎを炒め

玉ねぎがしんなりしたら、ここにケチャップを入れて炒め水分を飛ばしながら炒めるんです。

ケチャップは麺を入れる前の具と一緒に炒め、水分を飛ばすとぐっとおいしくなります。

 

水分が飛んでねっとりしてきたところで

普通は、パスタのゆで汁とかを加えることもあるのですが

私は、トマトをおろし金ですりおろして入れちゃうんです。

そうすると、ケチャップの飛ばした水分が、フレッシュトマトの水分で元に戻り

いい感じの水分量になるというわけです。

 

あとは、ここに茹で上がったパスタを入れて、全体にからめお皿に盛ったら出来上がり。

ピーマンは、炒めずにパスタと一緒にゆでると、きれいなグリーンが保てます。

 

パスタをゆでるときにきちんと塩をきかせておくと

味付けはケチャップだけで決まりますが

もし、味が足りないときは、最後にしょうゆをほんの少し混ぜると

さらに昭和な感じの味になります。

 

本格的な、イタリアンなパスタもおいしいですが

 

まだ、本格的なイタリア料理が日本に入ってくる前

まだ、アルデンテとか、パスタなんて言葉を知らなかった時代のスパゲテイーもまた

ある一つの料理の完成形なんじゃないかと思いますねえ。

 

妙に懐かしく

でも、昭和を知らない若者たちが食べても、やっぱりおいしい。

 

古くて、新しくておいしい。

 

昭和のグルメって、なんかすごいな。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Yu-Ki (日曜日, 12 6月 2016 07:11)

    奥薗先生、おはようございます。
    こだわりのナポリタンですね(^O^)。

    ナポリ発祥でないのに、ナポリタン(笑)。
    不思議ですね。
    ナポリタンは、高校生の時の思い出の味です。
    土曜日に、いつも友達と喫茶店で食べていました。
    1枚のお皿にですサラダとパスタが乗っていて……。
    パルメザンチーズは、これでもか‼っていうくらいかけていました(笑)。
    というのは友達の方で、私は、ミートソース派でした(^O^)。
    あっ、パルメザンチーズは、私も負けずに。

    ちょいたしのお醤油は発想したことなかったです。
    こんどやってみます。

    ナポリタンの赤が映えるお皿ですね。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。

  • #2

    ぷくちゃん (日曜日, 12 6月 2016 18:43)

    奥薗先生、こんにちは。

    美味しそうですね~。色んなパスタがあってどれも美味しいですが、ナポリタンは時々無性に食べたくなります。