読書日記「眩(くらら)」&鮭のごま焼き弁当

杉浦日向子さんの最高傑作とも言える漫画「百日紅」

(映画化もされました)

葛飾北斎の娘お栄さんを主人公にした漫画なのですが

 

これを読んで以来、お栄さんにぞっこん惚れこんだ私。

そんなわけで、このお栄さんを主人公にした小説があると知った時は

矢も盾もたまらず、読み始めていました。

 

「眩(くらら)」(朝井まかて著 新潮社)

 

天才画家葛飾北斎の娘お栄。

とにかく絵を描くことが好きで好きで、

天の思し召しがあるなら、何を捨ててでも絵筆で応えて見せてやると思っている。

 

北斎のアシスタント的な仕事(着物の柄を入れるとか、細かい背景を書くとか)をこなしながら

自分しかかけない、自分の絵の世界を苦しみながら模索し続けるお栄

 

北斎の娘なのだから

北斎の画風をそのまま踏襲して、それなりに上手く描く事ができれば

世間はお栄を評価するし、絵も売れる。

けれど、それでは満足できないところがお栄の魅力。

 

自分の描く世界観

自分しかかけない絵

 

淡い恋心も

借金の苦しみも

甥の時太郎への怒りも

すべてを、自分のうちに秘め

それを書き続けるためのエネルギーに変える

 

辛い時も、嬉しい時も、腹が立つ時も、

とにかく、ただただ描き続ける。

 

北斎いわく

70になる前に書いた絵は取るに足りなく

73になって、ようやくわかってきたような気になり

80を迎えたら、ますます画業が進み

90にして奥義を極める

神妙に達するのは百歳あたりだろう

この世は、生きたもんがちだ、その分修行ができる

 

北斎ほどの人でも、ちょっとやそっとで奥義までは到達できない

うまく描くことと、奥義とは違う。

見るからにうまいだろうという絵は品がなく

わざと無心を装った絵は目も当てられない。

描けば描くほどわからなくなるが、

それが苦しいからといって見ざすところを低くしたなら

すべてが一巻の終わり

 

とにかく、描き続けるしかない

 

いいなあ、親父どのもお栄さんも

そんな生き方を、私もしたい。

 

料理を作って作って作って

90になっても100になっても作って作って作って

そうして、家庭料理の奥義へとたどり着けたら言うことなし

 

今日よりも明日、明日よりも明後日

少しずつでも、とにかく料理を作り、料理を発信し続ける。

 

そのために、元気に生きなくちゃ。

 

改めて、自分の中で、ふつふつと熱いものがこみ上げてくるのを感じる本でした。

 

今回はじめて朝井まかてさんの作品を読みましたが

読み手の想像力を掻き立てる、絶妙な場面転換と構成

そしてテンポよく、心地よい文章。

 

その気風の良い文章の中で

途中何度も号泣させられるシーンもあり

人情もの読み物としても、最高に楽しめる一冊です。

 

直木賞受賞作品も、ぜひ読んでみたいなと思いました。

*******************

 

さて、今日のお弁当です。

 

鮭のごま照り焼き

筑前煮

えのきのベーコン巻き

 

玉子焼き、ミニトマト

 

鮭のごま焼きは

塩漬けにしておいた鮭をグリルで焼き

焼きあがる直前に、醤油と味醂を混ぜたものを塗って、ごまをパラパラ

ちょっと艶よく照焼き風になります。

 

筑前煮は、昨日の夜に煮たもの。

焼き魚には、こういう野菜たっぷりの煮物がよく合います。

 

えのきのベーコン巻きは。最後にじゅっとお醤油をかけました。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    Yu-Ki (金曜日, 01 7月 2016 04:19)

    奥薗先生、おはようギョざいます(^O^)。
    “しぶ5”拝見させていただきました。
    鰺そうめん、どんな味がするんだろう。
    斬新でした。
    エプロンが、花火の柄?爽やかでした。
    先生、私、発見しました!!。
    先生とさかなクン似ていますね。
    楽しそうなお二人を見ていたら、鰺を食べたくなって、引き込まれました(^O^)。
    癖がないので、好きさかなです。

    今日のお弁当も、ご飯がすすむおかすですね。
    きちんと和風にまとまっていて、美味しそうです。
    鮭も、ふっくらしていそうで、先生の技が活きていますね。
    先生のお弁当は、いつも先生の技が詰まったお弁当なんですよね。

    先生、今日も1日、健やかにq(^-^q)。


  • #2

    きみぽ (金曜日, 01 7月 2016 09:28)

    奥薗先生はじめまして。奥園先生の健康の為のレシピテレビでいつも拝見してます。実はうちの娘はひどい食物アレルギーで、「ごま、小麦、米、カレー」が駄目なんです

  • #3

    ぷくちゃん (金曜日, 01 7月 2016 17:28)

    奥薗先生、こんにちは。
    最近忙しいのですが、こんな時こそ奥薗流レシピが力を発揮しています(^O^)忙しくても、家庭料理がちゃんと食べられて嬉しいです。

  • #4

    おくじょの (土曜日, 02 7月 2016 23:24)

    Yu-Ki様

    シブ5時、見てくださって、ありがとう。
    さかなくんは、テレビで見たまんま、素顔もあのまんまで、とても良い方でした。とても楽しくいロケでしたよ。

  • #5

    おくじょの (土曜日, 02 7月 2016 23:33)

    きみぽ様

    こんにちわ。私が個人的に作っている”なべかま通信”という小冊子があるのですが、そこで、秋さんという方に執筆をお願いしていまして、彼女は2人の息子さんがアトピーで、その息子さんの成長記を書いていただいているのです。
    小さい頃は、秋さんが、一生懸命除去して、いろいろ気をつけておられている奮闘記だったのですが、最近は息子さんが大学生と高校生になられ、お母さんよりもしっかりと自分の体と向き合っておられる姿に感動し、毎回親戚のおばちゃんみたいな気持ちで、二人の息子さんの成長を見守っています。大変なことも多いとは思いますが、がんばってください。

  • #6

    おくじょの (土曜日, 02 7月 2016 23:36)

    ぷくちゃん様

    私のレシピが役に立って、嬉しいです。作ってくれて、ありがとう!!