鮭の皮の美味しい焼き方&おくらハンバーグ弁当

時鮭を送ってくれた知人からメールが来て

塩焼きにした鮭の、パリパリにやけた皮が美味しいねという話になりました。

 

そうなんです、私も塩焼きはカリカリ焼けた皮が大好き。

脂ののった鮭なら、ただ塩をして焼くだけで

内側から脂がジュクジュクと溢れてくるので

ほおっておいても、カリカリの揚げ焼きのようになります

 

でも、そこまで脂が乗っていない鮭の場合は

どうやったらおいしく焼けるのかという話。

 

鮭好きな方なら、それぞれ焼き方にもこだわりがお有りでしょうが

私は、焼き上がった鮭から皮をベリッと剥がして

皮の内側(身と接していたほうね)を、もう一度カリッとなるまで焼きます。

 

そうすると、本当に骨せんべいならぬ、皮せんべいみたいになるんです!!

 

それをそのままパリパリと食べるもよし

塩鮭でお茶漬けにするなら、それを砕いてご飯にのせて

見と一緒にお茶をかけると

これもまた、香ばしさがご飯に移り、ワンランク上のお茶漬けになりますよ。

 

良かったらお試しあれ。

 

今日は、鮭のカマの部分を塩焼きにしました。

カマの部分の身って、ふっくら柔らかくて味があって美味しいですよね。

 

カマの部分は身の部分が分厚いため、切り身よりも塩が回りにくいので

ちょっと長めに漬け込みましたが

おかげで、いい感じの塩加減になっています。

 

こんがり焼きあげたら、

もちろん、皮の部分もおいしくいただきます。

 

 

更に、骨の表面についているうすーい膜みたいなのも、きれいに剥がして食べちゃいます。

鯵の干物でも

骨についているうす~い皮、あそこが一番好き。

 

こういう、ちまちましたところが子供の頃から大好きなのです。

 

鮭のカマ、大根おろしに、ほんの少しのお醤油とレモン汁で

今日もおいしくいただきました。

 

*********************

 

さて、今日の弁当。

 

おくらハンバーグ

大根と人参とちくわのナンプラー煮

梅マヨポテトサラダ

玉子焼き、ミニトマト

 

 

ご飯には、自家製ちりめん山椒

オクラハンバーグは、刻んだオクラを豚ひき肉に混ぜて焼くだけ。

オクラの粘りで、ふっくら柔らかに仕上がります。

 

大根と人参とちくわのナンプラー煮は

普通、醤油と砂糖、みりんで煮るところを

今日はちょっと、ナンプラーを入れて遊んでみました。

 

ナンプラーって、魚醤なので、煮干しダシで煮るのと味が近いんです。

もちろん、ナンプラーを入れれば、出しいらずでうまみたっぷり。

ちくわの風味ともよく合います。

 

梅マヨポテトサラダは、夏のお弁当の定番です。

チンして潰したじゃがいもを、梅肉入りのマヨネーズで和えるだけ

シンプルですが、さっぱりしていて美味しいのです。

 

ミニトマトを入れなくてもいいかと思ったのですが

最後にギュッとおかずを端に寄せて、隙間を作り

そこにギュッとミニトマトを押し込むと

おかずがガサガサと動かなくなるので、やっぱり入れちゃうんです。

 

お弁当箱の中でおかずがガサガサ動いて、盛り付けがぐちゃぐちゃのになるのは

できれば避けたいですものね。

 

そういう意味で、ミニトマトは隙間埋めおかずとしては優秀ですね。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (日曜日, 03 7月 2016 07:21)

    奥薗先生、おはようございます。
    コメントへの返答、ありがとうございます。
    東京にも憧れます。

    焼いた鮭の皮、美味しいですよね。
    先生は、剥がして内側まで焼くんですね。
    それはやったこと無かったです(^O^)。
    かまは、骨から身をきれいに取るのが快感ですよね(笑)。
    勝った塩鮭のかまは、塩分がきつすぎると感じますが、上手く抜いて、上手く(美味く?)焼く方法はあるのでしょうか?。

    ナンプラーの煮物、想像が付きませんが、遊び心満点ですね。
    先生は、ポテトサラダは、じゃがいもはどこまで潰しますかは。
    梅干しは、殺菌作用もあるし、この時季にはお弁当にいいですね。

    先生、梅雨空でじめじめ。
    体を大切にq(^-^q)。。