豚肉とみょうがの梅みそ炒め弁当

出張とか、旅行とかが、楽しいのは

帰る場所があるからだというのを何かで読んだことがあります。

 

帰る場所があるから、非日常としてのワクワクやドキドキがある。

確かに、その通りだとは思うんだけど

主婦の場合は、

家に帰ってきたとたん、様々な暮らしの雑用が現実のものとなり

旅の余韻に浸る間もなく、掃除洗濯、後片付け、犬の世話・・嗚呼。

 

それを“旅行うつ”と、私の知人が言ったのには笑った。

 

でもまあ、これも考えようで

普段、生活の雑用に追われているからこそ

そこから離れた時の解放感たるや、天にも昇るほどハッピーなわけだし

 

また、海外旅行のような長期になると

今度は、無性に料理がしたくてたまらなくなり

そっちの枯渇感に悩まされることにもなるわけで

 

だから結局、

旅行うつさだわ~などと言いながら、旅行から帰ってきた後の2~3日

なんとなくやる気なーい感じで暮らすっていうのが、本当は最高に幸せなのかもね。

 

これも一つの帰る場所。

 

*****************

 

さて、今日のお弁当です。

 

今日は、朝起きるのがつらく、少々寝坊してしまい

さすがに、今日は時間がなくて作れないだろうと思ったけれど

超特急で、あり合わせて作ってみたら

何とかギリギリセーフで間に合いました。

 

豚肉とみょうがの梅みそ炒め

ししとうのじゃこ煮

ジャーマンポテト

卵焼き、ミニトマト

 

おかか醤油ご飯

 

 

 

豚肉とみょうがの梅みそ炒めは

しょうゆと片栗粉をもみ込んだ豚肉をゴマ油でいため

梅肉、はちみつ、みりん、みそ、おろししょうがを混ぜたものを全体にからめ

最後に小口切りのみょうがを加えてサッとひと混ぜ。

ちょっと甘めの梅みそが、みょうがのシャキシャキ感とよく合います。

 

ししとうのじゃこ煮は

フライパンを厚くしたところに、ごま油をしし等を入れてじゃっと焼いて

おいしそうな焼き色がついたら、ちりめんじゃこ、水、しょうゆ、みりんを加え

蓋をして蒸し煮。

しし等に火が通ったらふたを開け、余分な水分を飛ばして出来上がり。

 

 

京都の定番おばんさいです。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Yu-Ki (土曜日, 30 7月 2016 07:35)

    奥薗先生、おはようございます。
    お帰りなさい(^O^)。

    お気持ち、分かる気がします。
    私なんて、遠出をしなくても、大体普段の決まった時間に決まった事ができないと、イライラしてしまいます。
    少しゆとりをもって過ごそうとしても、ルーティーンがあるのですね。
    私なんて、3日も旅にでたらどうなってしまうのでしょう(笑)。
    凄く弾けちゃったりして……。

    今日も、美味しそうな愛情弁当ですね。
    おばんざい、あたたかい響きですね。
    ししとうも、毎日収穫があり、食べるのが追い付かないくらいです。
    梅と茗荷は合いますね。
    暑い夏に、元気の出る薬味ですね。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。

  • #2

    永池柚実 (土曜日, 30 7月 2016 17:10)

    土用丑の日ですが、鰻は止してこれをいただきますね。
    ちょうど友人からお庭の茗荷をたくさん頂いてあるし、
    母から貰いもんの長ピーマンをたくさん頂いてあるし、
    やるっきゃない。