みんなの家庭の医学 レジスタントスターチ

みんなの家庭の医学の「長引く不調㊙改善法SP」で

便秘改善のレシピを紹介させていただきました。

 

今回は、本当にちょこっとだけの出演でした。

ご飯を冷やすことで、レジスタントスターチという消化しないでんぷんに代わるので

冷やしたご飯を使ったレシピを考える

というのが、最初に伺っていたざっくりしたテーマでした。

 

それをうかがった時、冷ご飯って、別に食べにくくもないし

レシピにするほどの事でもないんじゃないの?というのが正直な印象でした。

 

ところが実際に打ち合わせをしてみると、どうやら冷ご飯は冷ご飯でも

冷蔵庫で冷やしたご飯だということで

それでもまだ、その時点では、そんなに難しいことはないなと思いました。

 

ところが、家に帰って実際に試作してみると、思った以上に食べにくい。

つまり、単に冷めたご飯とちがい

ご飯を冷蔵庫に入れて冷やすと、ぽろぽろのパラパラで硬くて、あじがなくて、

ご飯のおいしさが全く感じられなくなるんですね。

 

それじゃあ、これを柔らかくおいしく食べられるように工夫すればいいのか、というと

それではだめなのです。

この、硬くてぽろぽろの状態こそが、消化しない状態で便秘に効くそうなので

硬くてぽろぽろの状態でおいしく食べられる料理法を考えるのが、今回の依頼だったのです。

 

最初楽勝だと思っていたけど、いざやり始めると、意外に手ごわい・・・。

 

そうして、私が考えた作戦のポイントは3つ

    ねばねば食材と合わせる

    水分を上手にプラスする。

    食感のあるものをプラスする。

 

まず、ねばねば食材と合わせることで

ぽろぽろした食感が緩和されて食べやすくなるのと

水溶性食物繊維がとれるので、体の中の余分な油を吸着して排出してくれるため

便がスムーズに腸の中を移動しやすくなるというメリットがあります。

 

2番目の水分は

これも、ぼそぼそ感の緩和と、しっかり水分をとることで

便を柔らかくさせようという作戦です。

 

3番目の食感のあるものを組み合わせるというのは

逆にぼそぼそしたお米に、違う食感をわざと加えて

コメのぼそぼそ感をわからなくしようという作戦です。

 

実は、水分をプラスしても、先に水分だけがのどをとって、コメが口の中で置いてきぼりになることがよく合って

それも、どうにか、解決したかったのです。

 

そうして考え付いた答えは

触感のあるものを加えておくことで

コメが置いてきぼりになっても、別の触感のおかげで、コメのぼそぼそを感じにくくすることができるということ。

 

きゅうりとか、わかめとか、ちょっとプラスするだけで、ずいぶんコメのぼそぼそ感がわからなくなりますよ。

 

本当は、7パターンを考えて

作り方も丁寧に撮影してもらったのですが

実際のオンエアーでは、時間の関係なのか、全く流れなくて残念でした。

 

けれど、冷蔵庫で冷やしたごはん、これは本当に便秘には効くと思います。

 

試してみる価値は大いにありですよ。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    Yu-Ki (水曜日, 03 8月 2016 04:42)

    奥薗先生、おはようございます。
    残念ながら、オンエアは見ることができませんでした。

    冷たい炭水化物って、最近話題ですね。
    確かに、あまり美味しいとは思えませんでしたが、色々と手の加え方次第で、美味しくなるのですね。

    お蔵入りしてしまったレシピも気になります。

  • #2

    ゆう (水曜日, 03 8月 2016 05:57)

    冷ご飯につきここまで詳しく効果知ったのは初ヾ(๑╹︎◡︎╹︎)ノ"

  • #3

    ぷくちゃん (水曜日, 03 8月 2016 07:29)

    奥薗先生、おはようございます。

    家庭の医学、拝見しました。普段は便秘ではないのですが、普段と食生活が違った時(旅先や焼き肉食べ放題に行ったりした時)に便秘気味になります。

    冷凍したご飯を冷蔵庫で解凍して、それをまた温めていましたが、解凍したものを美味しく食べられて便秘解消になるなら一石二鳥?ですね。

  • #4

    romilinda (水曜日, 03 8月 2016 14:13)

    先生、こんにちわ。家庭の医学は毎回放映されるときは、録画を取っています。今回の分はまだ拝見していませんが、今晩拝見致します。奥薗先生がお料理の監修に参加されていると知ってからは、しっかり録画と保存もしています。後で、又繰り返して確認して勉強になります。