イカとナスのカレー

今日は、いかの入ったシーフードカレーを作りました。

なーんて書くと、なんかすごく手間のかかった料理を作ったみたいですが

実は、昨夜のおかずからのリメイク。

 

ほんの10分もあればできちゃう、超スピード料理なのです。

まずは、昨日の夕飯の話から書かないとね。

 

昨日の夕飯に作ったのはいかのトマト煮。

 

例によって圧力なべで煮るから、これもあっという間にできちゃうんです

で、このトマト煮、わざと少し残しておいて

パスタにでもからめて食べようかと思っていたのですが

この暑いときに、パスタって感じじゃないなあと思い直し

カレーにしてみたというわけ。

 

いかのトマト煮に水と炒めたなすを加え、市販のカレールーを入れただけ。

いかは十分柔らかいわけだし

ベースはトマト味で、いかやシメジのうまみがたっぷり溶けだしているので

市販のカレールーを入れるだけですが、かなり本格的な味に仕上がるのです。

 

野菜を何かプラスして、具だくさんにしたかったんだけど

いかのカレーに、ジャガイモやニンジンは変だし

ゴーヤとかオクラとかだと、なんかちょっと主張しすぎる感じだし

どうしたものかと考えた結果なすに行きつきました。

 

焼いてから煮たなすのトロリとした食感と油のコクで

カレーがワンランクアップすると思ったのです。

 

こうして出来上がったのがこれ

 

 

ほらね、市販のルーを使ってささっと作ったとは思えないできでしょ?

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (土曜日, 03 9月 2016 07:47)

    奥薗先生、おはようございます。
    今朝は、秋の青空が広がっています。

    本当ですね、市販のカレールーを使ってささっと作ったとは思えない仕上がりですね(^_^)。
    イカだからあっさりしていそうだけど、トマトやきのこの旨みたっぷりの、コク深そうですね。
    茄子だと、柔らかく煮られたイカの食感も邪魔しなそうですね。
    暑い日のランチに良さそうですね。
    バゲットに乗せて食べても美味しそう。

    リメイクだなんて。
    ちゃんと、そのために取り分けておいて作ったカレー、こうやって料理の幅が広がるんだなぁと、感心します。

    なんだか、このカレー、カボチャの甘く煮たものをお供に食べたいな、と、ふと思いました(笑)。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。