2016年

9月

20日

鶏むね肉のダブルしそ焼き弁当

私は、鶏むね肉が好きで、よく使います。

鶏むね肉の時は、皮は使わないので取ります。

 

もも肉についている皮に比べて、胸肉の皮って、なんかおいしくない気がするんです。

取り除いた皮は、細く切ってスープに入れたり

炒め物のうまみだしにしたりしていたのですが

最近は、皮なしむね肉っていうのを買うようになりました。

ちょっと割高なんですけど、

これだと、取った皮をどうしよう?って迷わなくていいですから。

 

さて、今日のお弁当は、そんな鶏むね肉がメインです。

 

今日のお弁当は

 

鶏むね肉のダブルしそ焼き

人参とちくわのきんぴら

さつま芋のチーズ焼き

なすとピーマンの鍋しぎ

卵焼き

押し麦ごはん 梅干し、黒ゴマ

 

 

鶏むね肉は青シソを巻いて焼いてから、ゆかりのふりかけをかけました。

青しそと赤しそでダブルしそ焼きです。

 

ゆかりのふりかけだけで味を決めようとすると

ゆかりをたくさん降ることになり、色がとんでもないことになってしまうので

鶏肉にあらかじめ塩で下味をつけておき

仕上げに香りづけにゆかりを振る感じにすると、きれいに仕上がります。

 

人参とちくわのきんぴらは

ちくわを入れることでたんぱく質をプラスできるのと

ちくわの味のおかげで、そんなに調味料を入れなくても

おいしく仕上がるのがいいところです。

 

さつま芋は塩を振って蒸し焼きにし

最後にスライスチーズをのせました。

塩のおかげで、さつま芋の自然の甘さが逆に引き立ちます。

甘く煮るのもいいですが、こんな塩味のさつま芋もあっさりしていておいしいものです。

 

なすとピーマンの鍋しぎは

定番の味噌とはちみつとショウガの甘辛味。

 

一つこってりした味があると、お弁当ってほっとしますね。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (火曜日, 20 9月 2016 07:05)

    奥薗先生、おはようございます。
    先生の和食弁当は、見ていて本当にほっとしますね。
    色々考えられていて。

    確かに、モモ肉と胸肉の皮は違いますね。
    何故だろう?。
    こちらのスーパーでも、皮なしが売られていますが、やっぱり需要があるということなのですね。

    Wしそに、胸肉の色、きれいなしあがりですね。
    私は、この色のお弁当箱が好きです(^_^)。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。