2016年

10月

22日

鶏むね肉の粉チーズ焼き弁当

もう一冊の方の本の撮影がいよいよ迫ってきました。

来週明けにはレシピを仕上げなければならず

 

レシピ作成も佳境に入っています。

1冊に、大体80100レシピくらいは必要で

私は、本を作り始める時、いつも結構気弱なところからのスタートするので

そんな数のレシピ、考えられへんかったらどうしよう~

といつもドキドキしながら作業を進めています。

 

いや、単に数をこなしたらいいだけなら、なんとかなるんだけれど

本で紹介するからには

やっつけ仕事でレシピを考えるようなことはしたくないし

一つ一つのレシピに、きちんとメッセージを込めたいと思うので

一筋縄ではいきません。

 

久石譲さんが著書の中で

一曲だけ素晴らしい曲を書くのであれば、誰にだってできるけど

何百、何千、何万という曲を

しかも、自分の納得できる完成度の曲を書き続けられるかどうか

そこがプロで居続けられるかどうかの分かれ目だというようなことをおっしゃっていて

そのことを、いつも心に置きつつレシピを考えています。

 

完成度の高いレシピを書き続けること

それができなければプロの料理研究家とはいえない。

 

とにかく、とにかく頑張らねば。

 

それはさておき、今日のお弁当です。

 

鶏むね肉の粉チーズ焼き

ニンジン入り卵焼き

わかめのしょうが炒め

 

ちくわキュウリ

鶏むね肉の粉シーズ炒めは

鶏むね肉をソテーして、仕上げに粉チーズをたっぷりふりかけ焼きました。

粉チーズが少し焦げて香ばしくなり、粉チーズのうま味と塩味で

失敗なく味が決まります。

 

ニンジン入り卵焼きは

昨日のニンジンサラダが残っていたので

それを炒めて卵を入れ、

沖縄料理のニンジンしりしりみたいにしようと思ったのですが

卵を入れたら、いい感じにまとまったので

いっそのことニンジンオムレツにしちゃえと思ってフライパンの端に寄せたら

こんな風になりました。

 

彩がなんか、かわいいですね。

 

わかめのしょうが炒めは

戻したわかめとしょうがをさっと炒めただけ

野菜が高いので、乾物も上手に使って野菜料理(?)の一品に。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (土曜日, 22 10月 2016 07:33)

    奥薗先生、おはようございます。
    頑張って、やっとこ一冊の本に納められたレシピは、何千、何百の中から選りすぐられたものなのですね。
    中には、陽の目を浴びなかった素晴らしい逸品もあったかもしれないと思うと、本の見方も変わります。

    お弁当も、毎日工夫されていて、それこそ何千、何万通りものおかずセレクションがありそうですね。
    弟子入り志願したいです!!。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。