豚肉と厚揚げのオイスターソース煮弁当

今日も一日家にこもって、料理の試作とレシピ書き。

作っては食べ、洗って片付けて、また作っては食べ、洗って片付けて

 

いやになるくらい単純な繰り返しです。

最近流行りのAI(人工知能)だったら

こんな風に試作しなくても

今世の中に存在している料理レシピのデータから

おいしくて、作りやすくて、人の注目を集めるレシピを割り出して

あっという間に何十というレシピを書き上げることができるのかなと思ったりします。

 

アルゴリズムなんか使って

食べる人の出身地や、食の好みや、アレルギーの有無や、そんなのも総合的に組み込んだ

完璧なレシピを、瞬時に書き出せたりするんだろうな。

 

でもね、だからこそ、私はやっぱり、いやになるくらい繰り返し試作をしたいと思うんです

無駄に、めんどくさく、いやになりながら、それでも試作をしたいと。

 

だってね、料理を作るのは人なんだし

人は、コンピューターと違って、疲れるし、いやになるし、気持ちに波もあるし

やる気のある時もない時もあり

昨日食べたかったものを、今日食べたいとは限らないし

濃い味付けがおいしいと思う日もあれば、スパイシーなものを食べたいときもある。

 

そういう不確かなものに対応できるのは、不確かな気持ちを持っている人間でしかないもの。

 

完璧であることは、素晴らしいけど、面白くないことも多々ある。

非の打ち所がないものを目指すのではなく

少し欠けているところに、温かさや、面白さや、思いやりを感じられるような

そういうのがいい。

 

いやになるほど単純な繰り返しの中で

それでも、ああこれはおいしいなと思えたり

ここはめんどくさくても、手を抜きたくないと思えたり

手を抜いて、それなりになっても笑って許せたり

めんどくさいプロセスでも、やっているとなんかちょっと楽しかったり

そういう説明できないような気持ちを、なんとかレシピに反映させたいなと思いながら

毎日、黙々と試作し続けています。

 

撮影まで、あと一週間。

本当は、もうレシピを書き上げていないといけないのだけれど

今ようやく、全体のラインナップが出来上がり

細部を詰めているところ

間に合うか、めちゃめちゃ不安なんだけど

是が非でも、間に合わせなければなりません。

 

がんばれ、がんばれ、私。

 

さてさて、今日のお弁当です。

 

豚肉と厚揚げのオイスターソース煮

もやしとわかめのナムル

さつま芋のスダチ煮

明太子とねぎの卵焼き

 

 

豚肉と厚揚げはオイスターソース炒めにしてもよかったんだけど

厚揚げって、お弁当のおかずの時は、しっかり味が入っているほうがおいしいので

そうなると、炒めて表面に味を絡めるよりは

蒸し煮にして味を中に入れたほうが嬉しいかなと思ったのでした。

 

もやしとわかめのナムルは

家計の優等生のもやしをお弁当のおかずにしてみました。

カットわかめと合わせると、わかめがもやしの水分を吸うので

もやしの水っぽさかがなくなります。

ゴマ油と塩の味付けでさっぱりと。

 

さつま芋のすだち煮は

さつま芋の甘煮を作って、最後にスダチをぎゅっと絞っただけ

前にサンマに使ったスダチが、中途半端に残っていて

黄色くなってきたので、さつま芋に絞ってみました。

レモンとは違うさわやかな香りです。

 

卵焼きは、明太子入り!!

明太子は、あらかじめレンジにかけて加熱したものを

卵液に入れて焼きました。

卵×卵の組み合わせは、舌も心もワクワク。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (水曜日, 26 10月 2016 04:39)

    奥薗先生、おはようございます。
    以前、先生の“ズボラ”料理の本を購入して参考にしていましたが、最近は、先生のブログを拝読するようになって、見方が変わりました。

    機械は機械で素晴らしいけれど、人間のあたたかさや、お袋の味までは演出できないと思います。
    機械に頼る時とそうでない時、これからは、その共存ではないかと私は思います。

    今日も、秋らしい色合いのお弁当ですね。
    美味しそう。
    お味噌汁をつけたくなります。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)