サバのつけ焼き弁当

一昨日、撮影用に買ってきたサバ。

撮影の時までに、鮮度が落ちないよう

 

一応軽く塩をして、日本酒を振りかけておきます。

本当は撮影当日に買ってくれば、

何にもしなくても、いい状態で料理できるのですが

当日に買い物に行く時間がないので、仕方ありません。

 

そのままでは、どうしても鮮度が落ちてにおいが出てしまうので

保存容器に入れて塩と酒を振りかけ、表面にラップをして、さらにふたをしています

 

塩をすることで若干身がしまり、酒がにおいを抑えてくれるんです。

表面にピッタリラップをしておくのは、なるべく空気に触れないようにして、

酸化させないようにと思って

 

今のところ、これが私の最善の方法かな。

 

で、撮影後

サバが少し残ったので

昨日は、それを食べやすくそぎ切りにしてから

しょうゆ、みりん、しょうが汁に付け込んでおきました。

 

今日はサバのお弁当です。

 

サバのつけ焼き

梅肉入り卵焼き

小松菜ときのこのおかか炒め

 

かぼちゃのしょうが煮

しょうゆ、みりん、しょうが汁に一晩漬けこんだサバは

ペーパーの上にとって、軽く水けをふいてから小麦粉をまぶし

オリーブオイルを入れたフライパンでこんがりと焼きました。

 

多めの油で揚げれば、竜田揚げになるんだけれど

今日は簡単に焼きました。

仕上げに、さらにしょうが汁を回しかけましたが

粗挽き胡椒なんかかけて、こしょう焼きにしてもよかったかも

次回はそうしよう。

 

卵焼きには梅肉を入れてさっぱりと

梅肉を入れるので、卵焼き自体の塩味はちょっと控えめに

 

小松菜としめじは、しょうゆで痛めて鰹節を混ぜただけ

 

かぼちゃは、しょうがの線きりをたっぷりと入れて、甘辛く煮ました。

ハローウインを意識したわけではないのですが

この時期のカボチャは、栄養価がアップし、うまみも増すので

 

薄味で煮てもおいしいですね。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (日曜日, 30 10月 2016 07:35)

    奥薗先生、おはようございます。
    秋らしいお弁当ですね。
    鯖はこんがり、皮まで美味しそう(^_^)。
    ただ並べるだけでなく、鯖と鯖のしきりに青じそを使うのも、テクニックですね。
    味のアクセントにもなるのですね。

    この方法なら、2日位は鮮度は落ちないものですか?。
    判断の基準が難しそうです。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。