2016年

11月

25日

おきつねつくね弁当

朝起きたら雪!!

11月の東京で雪がふるなんて。

つい数日前は温かかったのが一挙にこの寒さ。

 

もう、この温度差についていくだけで大変、大変。

さてさて、今日のお弁当です。

 

今日のお弁当は

おきつねつくね

ピーマンおかか炒め

かぼちゃの甘煮

ニンジンとショウガのじゃこきんぴら

 

卵焼き

 

おきつねつくねは

昨日のちゃんこ鍋用に作った鶏団子の生地を取り分けておいたので

広げた油揚げの上に塗って、くるりと巻き

軽くレンジにかけてから、切り分けて

フライパンで焼いて、甘辛のたれをからめました。

 

長いまま焼いて甘辛たれをからめ

それから切ったほうが、中の渦巻き模様がきれいに出たんだけど

甘辛味をからめてから切るのがちょっと嫌だったので

(また板も、包丁も、手も、甘辛のたれでべたべたになる)

切ってから焼きました。

 

これはこれでつくねの部分に、しっかり甘辛味がしみこむので

お弁当のおかずとしては、こちらのほうがいい感じ。

 

ピーマンをさっと炒めたものを添えるだけで

パット彩がよくなります。

 

人参としょうがのじゃこきんぴらは

たっぷりのしょうがで体が温まるようにとの親心。

しょうがは薬味ではなく、野菜として人参と合わせてみると

ニンジンと同じような食感になり、

それが絶妙なんです。

 

かぼちゃの甘煮

冷蔵庫に残っていたカボチャも

 

さっと甘く煮ると、ちょっとほっとするサブおかずになります。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (金曜日, 25 11月 2016)

    奥薗先生、おはようございます。
    今朝は、青空が広がっていますが、昨日の雪が20㎝ほど積もっています。
    東京も、大変でしたね。

    おきつねつくね、名前がチャーミングですね。
    ただ肉団子を照り焼きにするだけでなく、ちょっと人手間加えると、また目先の変わった1品になりますね。
    お弁当って、それをしないとマンネリ化してしまいます。
    生姜は、薬味ではなく野菜!。
    発想ですね。
    いつも、サブおかずが充実していて勉強になります。

    先生、今日も1日健やかに。