ソースかつ弁当

今日は、高校時代の友人が東京に来ているので

 

一緒にご飯を食べました。

高校時代

私は英語が得意で、友人は英語が苦手で

英語の試験の時は、私の席の後ろに友人が陣取り

私が答案用紙を横にずらしては

後ろの友人に見せて、それをそのままそれを写し取るというのが毎度のことで

いまだに、私がいなければ高校を卒業できなかったといっているのです。

 

ところが、あれから30年近くたってみると

あんなに英語が得意だった私は

今では英語を使う機会もなく、というか英語自体きれいに忘れてしまっているのに

あんなに英語が苦手だった友人はツアーコンダクターになり

今では英語を使って世界を飛び回っている。

 

イタリアから帰ってきたばかりで、明日からパリ

その前に行っていたバリ島のお土産をくれました

 

人生って、分からないものですね。

だから、面白いのかもね。

いやいや、これから先も、まだまだミステリアスです、きっと。

 

さてさて

今日のお弁当です。

 

今日は、ソースかつ丼

 

ソースカツ

ゆで卵のソース漬け

 

パプリカのピクルス

昨日の夕飯に作ったとんかつをお弁当にしました。

生姜焼き用の肉をとんかつにしたので

薄いとんかつですが

これだと少ない油で焼き揚げにしても、

上手に火が通るり、サクサクと軽く仕上がるのでいいのです。

ウスターソースと中濃ソースのダブル使い

辛子を別添えしました。

 

ゆで卵は、それに合わせてウスターソースにつけておきました。

醤油卵もいいですが、ソースたまごもおいしいですね。

 

パプリカのピクルスも作り置き

 

とんかつのお弁当って、我が家では人気ですが

実は、とっても手抜き

 

超楽ちんなお弁当なのでした。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (月曜日, 28 11月 2016 04:39)

    奥薗先生、おはようございます。
    楽しいひとときを過ごされた様ですね(^_^)。
    衝撃のエピソードの暴露ですね!!。

    これから先も、ミステリアス……か。
    そんなふうに、前向きに歩いていきたい。

    子供の頃、祖母が作ってくれたカツ丼は、ソースカツ丼でした(土地柄?)。
    初めて卵でとじられたものを見たときは、カルチャーショックだったのを覚えています。
    ケチャップやら和風出汁やらソースやら、祖母特製のタレは忘れられない味です(^_^)。
    だけど、ゆで卵のソース漬けは初めてです。
    それも、ありなのですね。
    やってみます。
    決して楽チン弁当には見えません!!。
    今日も、彩鮮やかで美味しそうですね。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。