2016年

12月

21日

青梗菜入りマーボー豆腐

2冊同時進行で本を作るのは

考えていたより大変で

 

原稿を書いても書いても、まだ終わりません。

今回の本のテーマはダイエットで

レシピを考える前に、相当関連の本を読みまくったのですが

レシピを考えていたころから、もうずいぶん時間がたっていることもあり、

いざ、それを原稿に落とし込むためには

もう一度、再読して、頭の中でまとめないことにはかけなくて

関連する資料が本を読むのにも追われています。

 

活字を読むのは苦にならないのでいいのですが

勉強のための本ばかり読んでいると

全く関係のないジャンルの本

たとえばミステリーとか、ファンタジーとか

そういうのが読みたくて仕方ありません。

でも、まだ当分お預けです。

 

さて、今日の夕飯はマーボー豆腐です。

 

買い物に行く時間がないので、冷蔵庫にあったひき肉と豆腐で作りました。

本当は、ネギがほしいところだったんだけどなくて

何か緑のもの…と探したらチンゲン菜があって

マーボー豆腐に野菜が入ったら栄養バランスもいいやん、というノリで入れてみました。

 

豆腐を煮るタイミングで、チンゲン菜の軸の部分をさっと煮て、

葉っぱは最後に。

 

青梗菜って加熱してもシャキシャキしているので

この食感が、意外においしくて

思付きでやってみたにしては、結構いけました。

 

ネギとか、にらとかと違い

青梗菜は味にくせもなく

豆板醤も入れなかったので

マーボーというよりは

豆腐とチンゲン菜のひき肉あんかけ、みたいな料理なんですけど

それが、とっても優しい味わいで、よかったんです。

 

ラー油をかけて、辛味を効かせてみるのも悪くなかったけど

こしょうも合いました。

 

家庭で作る、日本のマーボーは

 

なんだか、しみじみ、ほっこりする優しさです。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (水曜日, 21 12月 2016 04:45)

    奥薗先生、おはようございます。
    病み上がりでも、原稿との闘いは続くのですね。
    q(^-^q)。

    チンゲン菜の緑が鮮やかで、ちゃんと野菜も食べている感があって、いいですね。
    子どもの頃、祖母が作ってくれた麻婆豆腐は、塩味でした。
    で、玉葱を使っていました。
    子どもにも食べられる優しい味でした(^_^)。
    辛い麻婆豆腐も、おばあちゃん麻婆豆腐も、どちらも大好きです。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。