2017年

1月

13日

関西風カレーうどん

定期的に食べたくなるもの、もう一つ

カレーうどん!!

関西人は、特にカレーうどんが好きだと思う。

 

もちろん私も。

カレーうどんって

だしに市販のカレールーを入れて作ったり

カレーライスの残りに出しを足してカレーうどんにする場合もあるけど

関西人がイメージするカレーうどんは

普通のうどんに、カレー粉と片栗粉でとろみをつけたやつ。

 

だから、おだしの味も、しょうゆやみりんの味もそのままで

普通のおうどんにカレー風味がついてるって感じで

おつゆもさっぱりしてる。

 

もちろん、京都のうどん屋さんでも、カレールーを使っているようなこってりしタイプや

かなりスパイシーなカレースープを売りにしているおうどん屋さんもあるけど

そういうカレーうどんに出会うと、私は?と思ってしまう。

やっぱり、関西のカレーうどんは、おだしがきいていてあっさりしているって思っているんでしょうね。

 

そんなわけで、今日はカレーうどんを作りました。

 

おだしのうまみにカレーの香りがついているタイプです。

寒くなってくるとお昼におうどんを作ることが多くなるんだけど

最近つくづく思うのは、

味噌汁だと、それほどめちゃくちゃだしのうまみがきいていなくてもおいしいと思うんだけど

おうどんの時は、うまみがしっかりしてないとだめですね。

旨みが少ないと、なんかちょっと物足りなく感じちゃう。

 

それはたぶん、そばでもラーメンでも一緒だと思いますが

麺がおいしいのはもちろんですが

麺に負けないくらいつゆもしっかりおいしくないとダメなんですよね。

 

だから、カツオだけじゃなくて

昆布と煮干しとカツオをベースに出しを作って

さらにそこに干しシイタケと豚肉、油揚げ、マイタケなど入れ

何重にも旨みをかけ合わせちゃいました。

ちょっとやりすぎかな?

でも、これだけ旨みを掛け算すると、確かにおいしいんです。

 

うどんを入れたら

片栗粉とカレー粉を酒で溶いたものでとろみ付け

おろししょうがをたっぷり添えれば出来上がり。

 

カレー粉とショウガで、体がポカポカ

 

寒い時期にはごちそうですね。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (土曜日, 14 1月 2017 07:30)

    奥薗先生、おはようございます。
    なんだかホッとするお写真ですね。

    いったい何重奏なんでしょうか?。
    いいお出汁の出るものばかりですね。
    麺は太い平麺なんですね。
    カレーのつゆとよく絡まりそうですね。
    旨味が効いてないと物足りないのは、“飲む”と“食べる”の違いでしょうか。
    こんなカレーうどんなら、汁まで飲み干してしまいそうですね。
    生姜もいいですね。
    トッピングや、お新香みたいなのも、横に置きたいです(^_^)。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。