鶏そぼろうどん

お弁当用に、たくさん梅鶏そぼろを作ったので

 

残った分を使って、梅そぼろ入りかき玉うどんにしました。

うどんの汁はいつもの通り、昆布、煮干し、鰹節、干しシイタケ

麺類を食べる時は、やっぱり塩分が気になるのですが

旨み食材を組み合わせて、うまみたっぷりの出し汁にすると

調味料を少なくしてもおいしく味が決まるんですよね。

これは本当に、如実に違いが出ます。

 

塩と醤油で薄めに味を調えたところに

梅鶏そぼろを入れると、ちょうどいい味になります。

鶏からもまた、いい旨みが出るしね。

 

うどんは、冷凍うどんのしこしこしたこしも好きなんですけど

最近は、ゆで麺派です。

ゆでめんのもちもち食感にはまってるんです。

 

この前テレビを見ていたら

タモリさんがうどんはやっぱり柔らかくないとおいしくない、みたいなことをおっしゃっていて

それ、ちょっとわかる気もするんです。

 

冷凍讃岐うどんが売り出された当時

あのしこしこ食感にはまりまくったんですけど

(今でも、硬い麺も好きは好き)

でも子供の頃は、市場で売っていたゆでめんの

(市場にゆでたうどんやそばを打っているお店があった)

あの柔らかい食感のうどんで育っているので

やっぱり、やわやわもちもちの麺を食べると、ああおいしいなと思ってしまうんです。

早い話、その時々で好みが変わる優柔不断なタイプです、はい。

 

特に、汁にとろみがついたかき玉うどんなんかは

もちもち麺のほうが合う気がします。

 

 

最後にねぎを散らせば出来上がり。

 

寒い日、とろみのついたうどんはいいですね

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (土曜日, 21 1月 2017 07:27)

    奥薗先生、おはようございます。
    暖かそうな食卓でほっこりしますね。

    鶏そぼろも、こういう使い方もあるのですね。
    ふんわりかき玉と相性良さそうですね。
    そうですね、とろみのついた汁には、こしよりも、ふんわりもちもち麺が、汁にはよく絡みそうですね。
    うどんの食感の好みも、地方によって特徴がある様ですね。

    鶏肉の挽き肉は、むね肉でしょうか?。
    部位によっても味わいが変わりそうですね。

    こんなうどんなら、受験生の夜食にもよさそう、体調が優れない時も生姜を入れたりなんかして、温まりそうですね。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。