福山グルメ

昨日の尾道ラーメン(尾道市は福山のお隣です、すいません)があまりにもおいしかったので

今日はもう一軒別の尾道ラーメンのお店へ。

 

福山駅前にある、一心。

こちらの尾道ラーメンは

昨日の朱華楼さんよりもスープがまろやか。

鶏ガラをベースに、煮干しか何か別の旨みのスープがブレンドされている感じで

もう少しふくらみのある醤油味です。

 

麺はつるつるの細麺。

しっかり豚の背脂が入っていますが

背脂は炒めていないので香ばしさはありませんが

スープの丸みのある味がしっかり感じられ、油のおかげで麺にもよくからみます。

 

やっぱり、尾道ラーメンっておいしいですね。

なんかちょっと、中毒性があるというか、またすぐに食べたくなるようなおいしさです。

 

さてさて、ラーメンで腹ごしらえした後は、講演会です。

テーマは、健康食習慣と地元産の野菜をおいしく食べる方法。

事前にたくさん資料を送っていただいて

それを拝見して福山の特産品をしっかり勉強させてもらったのですが

福山って野菜も果物もすごく豊富で、おいしいものがたくさんあるんです。

地元産のおいしい野菜が食べられるなんて、ほんとステキ。

 

野菜、果物、魚などおいしいものに恵まれている福山のおいしいものも食べなくっちゃ。

尾道ラーメンはおいしいけど、それだけではもったいない。

 

伺ったのは、阿じ与志

 

フレンドリーだけれど、食材には厳しいご主人が作る料理を堪能しました。

 

まずは

のれそれ(アナゴの稚魚)

 

なまこ

そして耳いか!!

 

 

イイダコくらいの大きさのいかですが、耳がついているのかかわいい!!

もうすこししたら、いいだこみたいなプチプチの子を持つのだそうですが

この時期は、濃厚な味噌を味わう!

小さいながらも、しっかりイカの味で、すごくおいしい!

 

実はこの耳いかは、タイの好物だそうで

この耳いかがたくさん捕れる時は、タイも味が載っておいしくなるのだとか。

 

なるほどね~

北海道のウニが昆布を食べて旨みがアップするように

うまみたっぷりのイカを食べて鯛の旨みもアップする!!

食物連鎖ってすごい!!

それを食べる人間は、なんて贅沢!!

 

瀬戸内といえば、かにも食べなきゃということで

ワタリガニ、いただきました。

 

まずは、甲羅のところの味噌を少しつまみ

そこ熱燗を注いで甲羅酒に。

私は、あまりお酒が強くないのですが

こういうふわっと口に広がるお酒とカニのうまみは

 

一気にテンション上がりますねえ。

身のほうは、焼きガニで。

ゆでるよりも約方が、断然味も香りも濃くておいしいですね。

 

これはもう手づかみで、かぶりつきます。

で、甲羅についている子は

なんと昆布〆にして生で。

 

昆布のうまみと塩分が子に移り

オレンジの色がどんどん鮮やかになっていくのもワクワクする楽しさがあり

昆布の旨みで、子のうまみがさらに濃厚になり

これがもう、たまらなくおいしくて贅沢でした。

 

 

最後は鯛茶で〆。

恐るべし福山。

おいしいものの宝庫ですね。

おいしいものがたっぷりあるところは、

街全体がのんびり豊かで、幸せな空気が流れています。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Yu-Ki (月曜日, 06 2月 2017 04:38)

    奥薗先生、おはようございます。
    講演会、お疲れ様でした。
    尾道ラーメン、具材はとてもシンプルですが、どちらのお店もまた行きたいと思うようなラーメンなんですね(^_^)。
    瀬戸内海、魚介類が豊富で新鮮なんですね。
    蟹の卵の昆布締めに惹かれます。
    昆布の力、恐るべしですね。
    行ってみたい所がまた増えました(^_^)。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)�d

  • #2

    青い料理人 (月曜日, 06 2月 2017 11:14)

    講演会、お疲れさまです。

    尾道ラーメン
    尾道の千光寺のふもとで食べた味を、思い出してみました。
    つる麺に味がからむのは、油のおかげなんですね。

    各地のグルメのご紹介も、毎回楽しみにしています。
    の 中で、なまこ が羨ましくて。
    我が家では、私が買ってこなければ、絶対 食卓には登場してくれません。
    赤なまこよりも、青なまこの方が、より こりこりして旨いですね。
    ピリ辛の大根おろしに、ポン酢か二杯酢でいただきます。

    講演会には伺えていませんが、ほんとうに、食卓の笑顔は 宝ものだと思います。