2017年

2月

07日

福山スイーツ&お土産いろいろ

仕事とはいえ、東京から外に出るのはちょっとした旅行気分で

わくわくして楽しいものです。

現地でおいしいものを食べるのはもちろん

 

買って帰ったお土産の品評会もワクワク。

まずは、いただいたお土産から

福山といえば、クワイとバラで有名ですね。

 

実は、以前福山のクワイをいただいたことがあります。

くわいといと、芽が出るという縁起物の食べ物で

おせち料理には欠かせません。

年末市場に並ぶのは、結構立派な大きいものだと思うのですが

頂いたクワイは、今まで見たことがないような小ぶりのもので

巨砲くらいの大きさ。

それを油で揚げて、塩振って食べてくださいと言われ、その通りやってみました。

そんな食べ方、それまでしたことがなかったので、どんな味なのかドキドキしましたが

くわいの素揚げは、めちゃめちゃおいしく

それまでくわいと言ってもそれほど喜ばなかった子供たちも、モリモリ食べていました。

 

そんな話を講演会でしたら

こんなお菓子をいただきました。

くわいっこ

 

くわいのスナック菓子です。

形はクワイそのもので、サックサク。

一緒に食べていた息子が、すごく気に入って、モリモリ食べていました。

くわいって、どちらかというとホクホク食感の野菜なので

予想外のサクサク食感が、ものすごくインパクトあります。

おもしろ~い!!

 

さらに、一緒にもらったのがクワイポタージュ。

これはお湯を注ぐだけのカップスープ。

 

くわいもおせち料理に安住していないで、どんどん新しい世界に進出してもらいたいですね。

福山のもう一つの顔がバラの町。

バラをモチーフにしたお菓子もいただきました。

ヌーベルローゼというバラのフィナンシェとバラキャンデイー

 

ヌーベルローゼはアーモンドプードルのコクとバターの風味がよく

中にバラのジャムが入っていて

 

バラの形もさることながら、味もめちゃめちゃおいしいです。

一方、私が買ったお土産は

ままかりのみりん干しと鯛ちくわ                 

 

瀬戸内レモンケーキと生もみじ饅頭

酢漬けになったママカリは、子供の頃から好物なのですが

みりん干しを見つけたので買ってみました。

ちょっと焼くのが難しいですが、なかなか美味。

小さいのでご飯のおかずというよりは、おやつとか酒のさかなって感じかな

 

鯛ちくわは

そのままでも食べられるのでしょうが、魚焼きグリルでちょっと焼いてみました。

ぷりぷりの食感で、品のいいお味。

 

どれも、ほんとはずれがないですね。

 

帰る間際に、新幹線の駅で買ったのが

瀬戸内のレモンケーキと生もみじ饅頭

福山というより、広島土産もいいかと思って。

 

瀬戸内レモンケーキは、しっとり柔らかくレモンの風味もよくおいしいなあ~

 

最後の生もみじ饅頭。

生のもみじ饅頭って何?と思って買ってみたのでした。

 

生もみじ饅頭って、京都人から見ると、まるで阿闍梨餅ですね。

おいしいんだけど、うん、おいしいと思うけど

私は、普通のベビーカステラみたいな生地のもみじ饅頭のほうが好きかな。

 

それにしても、福山の食べ物がおいしいなあと思ったら

お土産物も、スイーツも全部おいしくて

 

またしても、恐れ入った次第です。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (火曜日, 07 2月 2017 04:35)

    奥薗先生、おはようございます。
    お疲れ様でした。
    美味しいお土産のオンパレードですね。
    くわいのスナックは、本物そっくりですね。
    どつやって出来ているんだろう。
    お節以外に食べたことがないので、食べてみたいです。
    ポタージュは、パッケージが、なんとも歴史があって、レトロでいい意味で重みがありますね。

    今は、ネットで遠くの物も簡単に手に入る時代ですが、お土産は、旅先での想い出にもなりますし、かなりの部分を占めますね(笑)。
    帰ってきてからも、想い出が甦りますから。
    広島、名物が沢山ありますね(^_^)。

    先生、今日も1日健やかにq(^-^q)。