京都 ルレ・ヴェルダン

 

明日大阪でイベントがあるので

 

今日は、前乗りして、高校時代の友達と会うことにしました。

 

 

ご飯を食べに向かったのは

 

京都にあるフレンチレストラン、ルレ・ヴェルダン

 

 

 

実は、ここ、高校時代の友人がやっているお店で

 

今日会う友達とも仲が良く、結構よく食べに行っているお店らしく

 

連れて行ってほしいと私が頼んだのでした。

 

 

 

高校時代は、毎日アホなことばっかりやっていて

 

人生をふりかえっても、楽しかったなあと思える時間で

 

こんな風にあの頃の友達と会うと、やっぱり楽しかったあのころの気持ちがよみがえりますね。

 

それだけでうれしくて楽しい。

 

 

 

さて、料理ですが

 

 

 

まずは、レバーのパテのカナッペ

 

パテを塗ってカリッと焼いたカナッペは

 

サクサク食感が心地よく、レバーは臭みが全くなく優しい味。

 

う~ん、おいし~!!

 

 

次は前菜盛り合わせ

 

キッシュに、クスクスお刺身のマリネ乗せ、サラダには生ハムとフォアグラ

 

盛り付けも素晴らしくきれいだけれど、一つ一つ料理がものすごく丁寧で

 

キッシュは熱々で、コクがあるのにサクッと軽く、

 

くすくすと小さく切ったお刺身のハーモニーが素晴らしい

 

サラダに至っては、言わずもがな。ドレッシングの酸味が食欲を刺激し

 

次の料理への期待が高まります。

 

 

次はフォアグラのソテー

 

外はかりっと香ばしく、中はとろりとしたレアで

 

甘くて濃厚なソースも素晴らしい。

 

 

かぼちゃのポタージュ

 

かぼちゃの甘み

 

最後に回しかけたオリーブオイルの香りのいいこと。

 

 

 

 

メイン料理は、魚、肉(鴨、豚、牛)の中から

 

私は鴨をチョイス

 

今年の正月に鴨ロースを作って以来鴨にはまっていて

 

メニューにあれば、かなりの確率で注文しちゃう。

 

 

 

かかっているのはブルーベリーのソース

 

鴨には、甘酸っぱい味が合いますねえ。

 

臭みがなく、やわらかく、油っぽくなく、めちゃめちゃおいしい~。

 

さらに、付け合わせの野菜も一つ一つが丁寧で

 

根セロリのピューレや、マッシュポテトのグリル 人参のグラッセはかすかなオレンジの風味。ブロッコリー、インゲン。

 

 

そしてデザート

 

どれもすべておいしいけど

 

ライチとイチゴのパンナコッタにバラのジャムのソースかかっているのは

 

何とも言えず、バラの香りがよくて、

 

うっとりするようなおいしさでした。

 

 

どの料理も、一つ一つすべて繊細でまじめで、誠実でやさしくて

 

高校時代には、そんな風に一面を、あまり意識したことはなかったけれど

 

それはおそらく、彼の中にあった隠れた人格で

 

実は、こういう優しくて、まじめで誠実な人だったんだなということがわかって

 

改めてうれしくなった私でした。

 

 

 

ルレ・ヴェルダン

 

友人だから宣伝するのではなく

 

本当に、本当においしくてコスパもめちゃめちゃいいので

 

京都にいかれれたときは、ぜひぜひ立ち寄ってください。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yu-Ki (土曜日, 25 3月 2017 07:29)

    奥薗先生、おはようございます。
    大阪におられるのですね。
    これだけ食べたら満腹ですね(^_^)。
    どれくらいのコスパなんでしょうか……。

    見るだけで美しく、アートのようですね。
    前菜の、クスクスがどんな味なのか気になります。
    いつかぜひ、訪れる機会がありましたら、行ってみたいです。

    先生、今日も1日健やかに。