日めくりレシピRECIPE

2019.07.1012:00 AM

鶏のしそ炒め

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

材料 (2人前)

  • 【A】
    • 鶏むね肉…1枚
    • 塩…小さじ1/4
    • 小麦粉…適量
  • 青しそ…10~20枚
  • 赤しそのふりかけ(ゆかり)…適量
  • オリーブオイル…適量

作り方

  • 鶏むね肉は皮を取り、食べやすくそぎきりにしてから、塩をもみこみ、小麦粉をまぶす。
  • フライパンを熱し、オリーブオイルを入れ、1の鶏肉を両面こんがりと焼く。
  • 美味しそうな焼き色がついたら、青しそを手でちぎって入れ、軽く炒め合わせて器に出す。
  • 赤しそのふりかけをかける。

ポイント

赤しそふりかけが、残っている。

あっ、ゆかりって、登録商標らしく、
赤しそふりかけが正式名称で、赤しそふりかけって書かないといけないらしいんだけど
ゆかりのことです。おなじみのあれね。
(めっちゃ、ゆかりって書いてるやん)

時々、ご飯に混ぜておにぎりを作ったりするのに使うんだけれど
あれ、一袋、なかなか使いきれず、ずっとある。

それで、どうしたものかと考えて
頭を柔らかくして、発想の転換を試みた。

あれは、赤しそふりかけなんだけど、塩だと考えてみようと思ったの。
塩だよ塩、あれは、赤紫色をしているけど、塩だ!
となると、塩と同じような感覚で、料理の味付けに使えばいいのだ!!
おおーっ!!

ところが、ここで問題発生。
塩と同じように下味に使うと、何でもかんでもやたら赤紫色になる。
しかも、加熱でせっかくの赤しそ風味も飛ぶ。

う~ん、更なる発想の転換の必要あり。

で、出来上がったのがこの料理。
鳥を焼いてから、仕上げにかける、ここがポイントね。

加熱しないから、ゆかりの風味がふわ~っと口に広がるし
色も美しく仕上がります。

青しそを入れて、しそのダブル使いにしてみると
しそ好きにはたまらん一品になりました。

風味も味もボケないから、お弁当にもおすすめよ~。

PageTop