日めくりレシピRECIPE

2019.09.0712:00 AM

キャベツと油揚げのお浸し

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

材料 (2人前)

  • 【A】
    • キャベツ(細切り)…1/8個
    • 塩…小さじ1/4
    • 油揚げ(細切り)…1枚
    • 水…100cc
  • 【B】
    • 醤油…大さじ1
    • みりん…大さじ1
  • かつお節…1パック
  • しょうが(すりおろし)…1かけ
  • 炒りゴマ…適量
  • ポン酢しょうゆ…お好みで

作り方

  • Aをフライパンに入れ、ふたをして火にかける。
  • 5~10分くらいでキャベツがしんなりしたら火を止めBを混ぜる。
  • かつお節とおろししょうがを混ぜて、炒りゴマを振る。
  • 食べる時に、お好みでポン酢しょうゆをかける。

ポイント

切り方を変えると、いつもの料理が違う味わいになって
新しい美味しさになるってこと、あります。

このお浸しがそう。

いつもは、キャベツをザクザクと大きめに切って、同じようにお浸しにしていたんだけれど
ある時、細切りにしたキャベツで作ってみたら
これがなかなかいい。

サラダで食べるのとは、また違った感じで
さっぱりとして、優しい味になるの。

作り方のポイントとしては
フライパンで蒸し煮にするとき、キャベツに塩を振ること。

ほかの野菜だったら最初から、醤油やみりんを入れて蒸し煮にしちゃうんだけれど
キャベツは、ほかの野菜みたいに水分が出ないので、
最初から醤油やみりんを入れちゃうと、焦げ付く心配があるんです。

それで、塩を少し入れて蒸し煮にすると
キャベツが早くしんなりして、下味もついて
いい感じに蒸し煮にすることができるんです。

そうして、キャベツがしんなりしたところで醤油とみりん
ほら、この方が心配ない。
しかも、キャベツの色もきれいに仕上がる。

そうして最後にかつお節を混ぜることで
毎度おなじみの、出汁いらずで出汁の旨みをプラスすることができるというわけ。

いやね、ここの蒸し煮からのプロセスは
電子レンジを使えば焦げる心配もなく、簡単にできちゃうんだけれど
敢えてフライパンで作る方法を紹介したのは、
キャベツの量が自由自在に変えられるから。

ほら、中途半端に残っているキャベツの量って
みんなそれぞれ違うじゃない。

電子レンジだと、量が増えれば、それに比例して加熱時間を調節しないといけないけれど
フライパンなら、その辺、そんなに細かい計算をしなくても
失敗なく簡単にできるんですよ。

なので今回は、フライパン蒸しの方法を紹介しました。

でね。
お得情報をもう一つ。

お浸し自体はちょっと薄めの味付けにしておいて
食べる時に、途中でちょっとポン酢しょうゆをかけてみるの。

そうすると、途中で味が変わり、
ちょっと和風サラダみたいな感じになって
これでまた、キャベツをモリモリ食べられちゃうんです。

たかがお浸しですが
切り方を変えるだけで、なんだかお浸しの世界がググっと広がると思いません?

PageTop