日めくりレシピRECIPE

2019.09.0912:00 AM

ジャーマンポテト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

材料 (2人前)

  • じゃが芋…2個
  • ソーセージ…6本
  • オリーブオイル…適量
  • 塩…適量
  • ケチャップ…適量

作り方

  • じゃがいもは皮をむき、一つずつラップで包んで、電子レンジにかける(100g当たり2分600w)
  • 食べやすく4~6等分する
  • フライパンにオリーブオイルを入れ、じゃが芋を焼く。
  • じゃが芋においしそうな焼き色がついて、カリッと焼けたらソーセージを入れて炒め合わせる。
  • 塩とカレー粉で味を調える。
  • 器に盛り、ケチャップを添える。

ポイント

ちょっと涼しくなると、急に食べたくなるのが芋です。
暑い時は、そんなでもなかったんですが
ほくほくしたじゃが芋を、身体が欲しておる。


そんな時、私がよく作るのがジャーマンポテト

じゃが芋とソーセージってなんでこんなに合うんですかねえ。
食べる度に、ああ、うま~~~~いって思う。

ジャーマンポテトなんて、
じゃが芋とソーセージを炒めるだけなので
わざわざ紹介するほどのコツなんてないでしょ
って思うかもしれませんが

いやいや、そんなことはない。
ほんのちょっとしたことで、ワンランク上の美味しさになるんです。

実は、生のじゃが芋をフライパンで蒸し焼きにしていたこともあるんです
ちょっと多めの油を入れて、カリッと揚げ焼きみたいにすると
かなりおいしく出来上がるんだけれど
結構時間がかかる。

でも、ジャーマンポテトって、居酒屋メニューみたいなものなので
(あくまで個人的なイメージです)
おつまみとかおやつとかに、ちゃちゃっと気軽に作れる方が、
正しい姿のような気がしていて
(再び、個人的な意見です)

先にじゃがいもをレンジ加熱するやり方に変えたの。

でね、
ここからが私の試行錯誤したところでありまして

じゃが芋は切ったりせずに、丸ごとラップをして電子レンジにかける方法に
たどり着きました。

じゃが芋を切らずに大きいままチンしても
切ってからチンしても、同じじゃないのと思うかもしれませんが

ぜーん全違う。
本当に違う。

切らずにチンすることで、ジャガイモがもっちりほくほくに仕上がるの。
ホントよ。

チンしてから切って、それからしっかり焼けば
(炒めるんじゃなくて、表面をしっかり焼きつける感じ)
表面カリカリ、
中はもっちりほくほく。
極上のジャーマンポテトの完成です。

味付けは、最後の塩をぱらり。
最後にかけるこの塩が、じゃが芋の甘みを引き出していい感じ。

たかがジャーマンポテトですが
美味しくできると、本当に幸せな気分に浸れますよ~。

PageTop