日めくりレシピRECIPE

2019.09.2012:00 AM

豚肉となすの梅しそ炒め

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

材料 (2人前)

  • 【A】
    • 豚肩ロース薄切り…150g
    • 片栗粉…小さじ1
    • 醤油…小さじ1
  • 【B】
    • 梅干し(8%塩分)…1個
    • 醤油…大さじ1
    • はちみつ…大さじ1
    • みりん…大さじ1
  • なす…2本
  • 青しそ…10枚
  • ごま油…適量

作り方

  • なすは食べやすく切り、塩水に5分ほどつける。
  • Aの豚肉に片栗粉と醤油をもみ込む。
  • Bの梅干しはキッチンはさみで細かく切り刻み、残りの調味料と混ぜておく。
  • フライパンを熱してごま油を入れ、ナスを入れたらざっと炒めてから皮を下にして焼いてから、全体に炒めて取り出す。
  • 空いたフライパンに豚肉を入れて炒める。
  • なすを戻し入れ、混ぜて置いたBを回し入れて、全体にからめる。
  • 青しそを手でちぎって加え、炒め合わせる。

ポイント

なすを炒めると、めちゃめちゃ油を吸う。
なすと油は相性がいいので、
たっぷり油を吸ったなすは確かにおいしいのだけれど
健康とか、カロリーとか、いろいろ考えると
できればちょっと控えたいと思う今日この頃。

でも、油を控えすぎると、なんか炒めあがった時に
なすが, かすかすになって、なんかちっともおいしくなかったり。

それで、私なりにいろいろやってみた結果
少しの油でもおいしく炒めあがる方法を見つけたのでありました。

まず、切ったなすを塩水につけること。
これは、普段の生活の中で私がやっていることで
こうした方が確実に油を吸わず、しっとりおいしく炒めあがるんです。

でも科学的根拠は?と聞かれても、うまく答えられず
実際やってみると、そうだとしか言いようがないのですが

多分、塩水につけることで、ナスが水を外に出そうとして
外に出そうとする力がかかることで、油を吸いにくくなるのではと、
自分では納得しています。

さらに、ナスを皮目から焼く事。
切り口より皮のほうが、どう考えて油を吸わないし
皮の色素が油と反応して、きれいな紫色になるんです。

でね、炒める順番なんだけれど
豚肉を炒めたところになすを入れてもいいんだけれど
それだと、ナスの皮目から焼きにくいので
私は先になすを焼いて取り出し、
豚肉を炒めたところに戻し入れる。

一見めんどくさいように思うけれど
このほうが、上手に炒めあがるし
やってみると、こっちのほうが、断然ストレスがないと思う。

あとは合わせておいた調味料をじゃっと入れて炒め合わせるだけ。

今日は、梅味です。

お疲れ気味の時にも、ちょっと食欲が落ちている時にもいいかなと思って。

しつこいようだけど、梅干しの種は入れたまま炒めてね
その方が、種の周りの梅肉が無駄なく、上手に混ざるから。

なすがきれいに炒めあがると
なんかちょっとプロっぽくて
へへ~って思う。

そんなへへ~っな一品を是非是非。  

PageTop