日めくりレシピRECIPE

2019.10.1112:00 AM

ミートナポリタン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

材料 (2人前)

  • 【A】
    • 豚ひき肉…150g
    • 塩…小さじ1/4
  • 【B】
    • 玉ねぎ(薄切り)…1個
    • ケチャップ…大さじ4
    • トマト(ざく切り)…1個
  • スパゲテイー…160g
  • ピーマン(細切り)…2個
  • オリーブオイル…適量
  • 粉チーズ…適量

作り方

  • 鍋に湯を沸かし、塩を入れてスパゲテイーをゆでる(塩は湯500㏄に対して小さじ1の割合で)。
  • フライパンにAを入れて火にかけ、混ぜながら加熱する。
  • ひき肉に火が通ったらBの玉ねぎを入れてさっと炒め(油が少ないようならオリーブオイルを足す)、油が回ったらケチャップを入れてねっとりするまで炒め、最後にトマトを入れてさっと炒め、トマトがくたっとなったら、ふたをして蒸し煮にする。
  • 1のスパゲテイーが茹で上がる直前にピーマンを入れてさっとゆで、ざるに上げて湯を切ってから3のフライパンに入れて混ぜる。
  • 器に盛り、お好みで粉チーズを振る。

ポイント

夏の暑い暑いときは
スパゲテイーを食べたいって、あまり思わなかったのですが
そろそろスパゲテイーもいいかなと思い、
我が家で人気のミートナポリタンを紹介しますね。

ミートナポリタン?
へへ、これ、私の造語です。

ケチャップ味のミートソースに、ピーマンを入れて
ゆでたスパゲテイーにからめてみたら
なんか、ナポリタンみたいになったので
ミートナポリタンって呼んでみたの。

我ながら、このネーミング気に入っています。

ケチャップの使い方にポイントがあります。

挽肉を炒めて、玉ねぎを炒めたところでケチャップを入れるの
スパゲテイーを入れてからケチャップをからめるのではなく
ここでケチャップを入れて、ケチャップの水分を飛ばすことで
ケチャップがぐっとおいしくなる。

で、更にこの後にもポイントがあります。

ケチャップが煮詰まったところにトマトを入れるんですよ。

そのままスパゲテイーが茹で上がるまでおいておくと
火を止めてもどんどん余熱で煮詰まってきて
ケチャップがカピカピになってくるんです。

ここでトマトを入れて炒めることで
トマトの水分で再びケチャップがいい感じに潤うんです。

水分を飛ばしておきながら、また水分を入れてなにやってんだろう?
って思うかもしれませんが
トマトの水分にはグルタミン酸がたっぷりだし
こうすることで、ナポリタンでありながら、トマトソース的なおいしさになるんです。

後はここに、ゆであがったスパゲテイーを入れたら出来上がりなんですが
ピーマンは、フライパンで炒めるのではなく
スパゲテイーの茹で上がりの30秒くらいに入れて
スパゲテイーと一緒にゆでるのがポイントよ。

なんでかっていうと
ピーマンをケチャップでいためると色が悪くなるし
苦みも出るんです。

スパゲテイーと一緒にゆでることで、
苦みが抜けておいしくなるし。
食感も柔らかく、色もきれいに仕上がります。

このやり方だと、本当にピーマンがおいしくなって、びっくりするよ。

あっ、最後になりましたが
スパゲテイーをゆでるときは、きちんと塩を入れてゆでてね。

市販のソースの場合には、塩を入れずにゆでても味が決まるように作られているので
ゆでるときに塩を入れなくても、問題なく味が決まりますが
自分でソースを作る場合は
塩ゆでして、スパゲテイーにきちんと塩味をつけることで
ソースと合わさった後も、きちんとおいしく味が決まるんです。

塩の量は
水500ccに対して塩小さじ1が目安です。

たっぷりのお湯はいりません
二人分のスパゲテイーなら、普通の片手鍋で十分。
私は1リットルくらいの水(塩は小さじ2)で、ゆでています。

PageTop