日めくりレシピRECIPE

2020.02.1512:00 AM

キンカンの梅酒煮

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

材料 作りやすい分量

  • 【A】
    • キンカン…1パック(200g)
    • 砂糖…50~100g
    • 水…200㎖
  • 梅酒…50㎖

作り方

  • Aを鍋に入れ、ふたをして火にかけ15~20分煮る
  • 火を止め、梅酒を入れ、そのままさます。

ポイント

毎年、お正月にキンカンを煮るのですが
年末に美味しい梅酒をいただいたこともあって
今年はキンカンの梅酒煮にしてみたんです。

そうしたら、その作り方を教えてほしいというリクエストをいただいたので 紹介しますね。

本当はもっと早くに紹介したかったんだけれど
お節料理の時って
その時思いついて、チャチャっと梅酒を入れて煮ちゃっているもんだから
そんな適当な、いきあたりばったりのレシピを紹介するわけにもいかず

それから、何回か作り直して
このレシピが出来上がりました。

このレシピで迷ったところは、
キンカンの下処理です。

キンカンの甘煮って、
料理の教科書では、皮に切り込みを入れてから下茹でをして柔らかくし
中の種とワタを取り除いて、甘く煮るんです。
これが結構手間がかかる。

お正月のおせちの時は、その手間のかかることをやったんだけれど
正直、とってもめんどくさい。

それで、それをやらずに作ったらどうなるか
いろいろ試行錯誤をしていたわけです。

種もわたも取らずに煮るほうが簡単だけれど
食べるときに種を出さないといけないのがどうかなあって思ったんです。

そのまま種もわたも入れて煮てみると
食べるときに種を出すのが面倒くさい
でも作り方は楽ちん

種とワタを取って煮ると
作る手順がめんどくさいけれど
食べるのはらくちん。

料理に正解はなく
自分が選んだやり方が、我が家の味です。

で、私は
食べる人が大人だったら、食べるときに種を出すのもありかなと思ったんです。

ほら、サクランボだって、プルーンだって、食べるときに種を出すものって他にもあるじゃないですか。

なので、今回のは種もわたもそのまま煮ています。

わたをそのまま入れて煮ると
煮てすぐは、ちょっと酸っぱいです。

でも、煮た後シロップに漬け込んでおくと、味が染みて甘くなるので大丈夫。

ただ、こういう甘煮って、甘さの好みが人それぞれなので、
甘いのが好きな人はちょっと砂糖を増やしてください。
(このレシピは、砂糖控えめです)

梅酒は最後に入れました。

その方が、梅酒の香りが生きていいかなと。

これも、アルコールが苦手という人は、最初から入れて、アルコールを飛ばす方がいいかも。

それと、梅酒は、手作りだったり、市販だったりで
市販のものでも、いろいろあって
とにかく、味が全然違うので。
この辺も、ご自分で調整が必要です。

私が使ったのは、しっかり甘くてコクのあるタイプの梅酒です。

レシピを紹介しておきながら、
とってもあやふやなレシピですいません。

こういう料理は、
甘さの好み、使う梅酒の味によって、大きく出来上がりが違うので
レシピを紹介するのが本当に難しく
最後は、ご自分の舌にあわせて微調整してくださいね。

キンカンって、のど飴なんかに入っているから
なんとなく、風邪に効きそうな気がしますね。

病は気から
キンカン食べれば、大丈夫だ―――!!
そう思って、食べれば、うん、大丈夫だ。

PageTop