日めくりレシピRECIPE

2020.05.2212:00 AM

はんぺんのふわふわ卵焼き

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

材料 (2人前)

  • 【A】
    • はんぺん(手で砕く)…1枚
    • 卵…3個
    • 塩…小さじ1/4
    • 長ねぎ、または青ネギ(小口切り)…適量
  • 【B】
    • 水…50cc
    • 砂糖…大さじ1
    • 醤油…大さじ1
    • 酢…大さじ1
    • ケチャップ…大さじ2
    • 片栗粉…小さじ1
  • ごま油…適量

作り方

  • Aのはんぺんは手でつぶし、残りの材料を混ぜる。
  • Bを混ぜてたれを作る。
  • フライパンを熱し、ごま油を入れてAを一度に言入れ、大きく混ぜてふたをし蒸し焼きにする。
  • フライパンの中で切り分けて、ひっくり返し、反対側も焼けたら、お皿に取り出す。
  • Bを混ぜたものを一度に入れ、混ぜながら加熱し、とろみがついたら4の上にかける。

ポイント

ふわふわ食感がたまらん卵焼きです。

使うのははんぺん。
これを手で砕いて卵に混ぜると
手品みたいに簡単にふわふわの卵焼きになるんです。

これね、おせち料理の伊達巻を作る時の裏技で
おせちの時は、卵とはんぺんをミキサーにがーっとかけて滑らかに混ぜ
それを焼くんです。
そうすると、冷めてもふっくらに焼きあがる。

でも、ミキサーは、はっきり言ってめんどくさいから
はんぺんをわっしわっしと手でつぶして、卵と混ぜて焼くと
これが、とってもいい感じの卵焼きになるの。

実は、はんぺんをどんな風につぶすのが良いだろうかと思って
いろいろつぶし方を変えて、試してみたんです。

その結果
はんぺんを、あまり丁寧につぶしすぎない方が、ふっくら仕上がる気がします。

ぎゅっぎゅっと丁寧につぶすと
はんぺんの中の空気みたいなのがプチプチ壊れている感じがするんです。
(*あくまで個人的な感想)

大きい塊が残ってるくらいの
雑なつぶし具体の方が、ふんわりボリューミーに仕上がり
ワーッとテンションが上がります。

あとね、
安いのと、高いのとでは
くやしいけれど、高い奴の方が、ふんわり膨れる気がしました。
(*当社比)

でもまあ、どんなはんぺんでもおいしくふわふわになるので
その辺、こだわってみたり、適当にやってみたり、してください。

それから、ひっくり返すときは、
大きいままだとひっくり返しにくいので
フライパンの中で4つくらいに切り
それぞれにひっくり返すといいですよ。
どうせ食べるときは、切り分けるわけだし
このほうが、断然やりやすいです。

それから、大事なのがあんです。

はんぺんの卵焼きを焼いた後のフライパンに
ジャーっと混ぜて加熱するだけ。

その間15秒くらい。

たったこれだけの手間ですが
あんがかかっているだけで
何倍もおいしそうに見え
何倍もテンションが上がり
何倍も上等になる。

ふっくらフワフワの食べ物は
心の中も、ふっくらフワフワになる。

そんなに甘くもないけれど
そんなに悪いことばかりでもない。
そんな風に思えて
ちょっと気持ちがまあるく軽くなる。

PageTop