日めくりレシピRECIPE

2020.09.2112:00 AM

どんどん焼き

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

材料 (2人前)

  • 【A】
    • ご飯…茶碗1杯
    • じゃが芋(すりおろし)…2個
    • マヨネーズ…大さじ1
  • ちりめんじゃこ、青ネギ…各適量
  • ごま油…適量
  • 醤油…適量

作り方

  • Aのじゃが芋をすりおろし、ご飯とマヨネーズを混ぜる。
  • ちりめんじゃこと青ネギも混ぜる。
  • フライパンを熱してごま油を入れ、2をスプーンで適量救って入れ、両面こんがりと焼く。
  • 器に出し、醤油をかける。

ポイント

子供たちが小さかったころ
休みの日に良く作ったのがこれ

コロナでおうち時間が増えると、あれこれ昔のことを思い出すことが多くなり
この料理も、そんな中で思い出したのでした。

昔、休みが続くと、ご飯作りがだんだん負担になってきて
そんなときの我が家のお助けメニューがこれだったんです。

なんといっても、ご飯とじゃが芋さえあれば
後はありあわせのもので作れて、
子供も大喜びでみんなハッピーになれる料理だったんです。

ご飯とじゃが芋の割合に決まりはないのですが
じゃが芋が多めの方がもちもち食感に仕上がります。

マヨネーズを入れるのは、じゃが芋の変色を遅らせるためです。

すり下ろしたじゃが芋は、時間が経つとどんどん茶色くなるんですが
マヨネーズを入れておくと、それがちょっとゆっくりになる。

もちろん、茶色くなっても全然大丈夫、
味も全く変わりなく、焼けば普通においしく食べられます、念のため。

ご飯+じゃが芋(すりおろし)+マヨネーズ
これが基本の生地で、中に入れる具材は、その時冷蔵庫にあるもので大丈夫ですよ

ちくわ、チーズ、ハム、ソーセージ、ツナ、サクラエビなどなど、

うちでは、ホットプレートで焼きながら食べたりすることもよくありました。
各自、自分の好きな具を入れつつ焼いて食べると
こんなありあわせ料理でも、ごちそうになりました。

あっ、ちなみに“どんどん焼き”という名前は
どんどん食べられるから、どんどん焼きなんです。

この3連休
どんどん作ってどんどん食べちゃってください。

PageTop