「同じ釜の飯を食べる」それが、私の思う家庭料理の原点。
特別ご馳走でなくても、すごく手の込んだものでなくても同じものを分けあって食べれば自然とみんな笑顔になる。大切なのは、たったそれだけのことだと私は思うんです。同じ釜の飯を食べるみたいに、たくさんの人がここに集まってニコニコ笑顔でいっぱいになればいいなと思っています。

<facebook 始めました>

 

facebookをはじめました。
でいりいおくじょのを、facebookでアップしていますので
facebookをやっている方は
そちらでも、見て頂けます。
よかったら、ご利用くださいませ。

<好評発売中>

 

 「奥薗流 新ごはんの基本!」

             (世界文化社 1500円)

今回は、私の料理の基本となるポイントを丁寧に解説しました

更に、そのポイントをマスターすれば、それをベースにして応用ができ

どんどん料理の世界が広がっていく仕掛けです。

 

定番料理なんて本を見なくても作れるわという人にも

これから料理を始めたいという方にも

料理は嫌いじゃないんだけど、今一つ上手にできないという人にも

喜んでいただける内容になっていると思います。

 

是非是非、手に取ってみてください。

 

 

<なべかま通信vol.54 出来上がりました > 2016年7月20日

 

お待たせしました。なべかま通信vol.54 が出来上がりました。

定期購読していただいている皆さんに発送しておりますが

もし、届いていない場合はご連絡ください。

 

今回のラインナップです。

 

・トピック <「やりたい」ではなく「やり続ける」ということ>

・ごまでおいしくミネラル補給 ごまだれ2種

・<アンケート1> ハマった食べ物ってありますか?

・<アンケート2> 好きなおでんの具は何ですか?

・<アンケート3> 色の濃い野菜 食べていますか?

・今どきの台所会議

・あきさんちの普通だけど普通でない食卓(30)<幸運な旅> 村瀬亜紀

・満腹・別腹・掲示板

 

WEBサイトではなく、紙面で意見交換をし、手作業で郵便発送している、時代遅れな、けれども手作り感満載の発行物です。読んでみたい方は、一部300円でお送りいたします。

(印刷代、送料などもろもろかかってしまうので、有料になってしまいます、すいません)

 

ゆったりとした時間の流れの中にある家庭料理の世界観を見直していただければ嬉しいです。

 

<振込先>

郵便振替  加入者名:お台所奉行の会

口座番号  00150-9-131744

 

 

 

<「赤本合格レシピ」好評発売中です>

 

新刊本のお知らせです。

 

「赤本合格レシピ」 教学社 1300円

 

今回の本は、受験生のためのレシピ本です。

 

子供の受験のとき、親というのは本当に無力です。子供のためにできることは、ほんの少ししかありません。せいぜい、家の中を居心地よくして、おいしいご飯を作ってあげることくらい。

 

けれど、食べることは、体の調子を整えたり、心のバランスをとったり、受験を乗り切るためには大切なこと。

その食べることを、体と心の両方の面からサポートできるようなレシピを、今回一冊にまとめました。

お役に立てれば、幸いです。

 

詳しくは、でいりいおくじょのの7月14日をご一読ください。

 

2016年

8月

31日

エビの辛子ケチャップ炒め弁当

私が最近、気に入って時々買うものに殻付き小エビがあります

小エビというと、冷凍むきエビを買ったほうが手軽じゃないかと思うかもしれませんが

ちょっと手間でも自分で殻をむくほうが断然おいしいし

しかも、大きいエビに比べてぐっと安いのです。

ちょっと炒め物や、八宝菜、グラタンなんかに

 

この小さい殻付きエビは本当に使えます。

続きを読む 1 コメント

2016年

8月

30日

ささみの梅しそ巻き焼き弁当

お弁当に鶏むね肉をよく使いますが

1枚料理すると多すぎるので

いつも半分だけ使って、残りは、夕飯などで別の料理に使っています。

そういう意味では、ささみはお弁当向きだなと思います。

12本と、いい感じに量を調節して使えるし、冷めても柔らかい!

 

そんなわけで、今日はささみを使ったお弁当です。

続きを読む 1 コメント

2016年

8月

30日

読書日記「筋肉」よりも「骨」を使え!

以前、SWITCHという番組で、俳優の片桐はいりさんと対談されているのを見て

初めて河野善紀さんという方を知り

ただものではない空気感とか、おっしゃっていることのシンプルなのに奥深いすごさとか

いろんな事に圧倒されて

 

もっといろんなことが知りたくてこの本を読んでみました。

続きを読む 4 コメント