「同じ釜の飯を食べる」それが、私の思う家庭料理の原点。
特別ご馳走でなくても、すごく手の込んだものでなくても同じものを分けあって食べれば自然とみんな笑顔になる。大切なのは、たったそれだけのことだと私は思うんです。同じ釜の飯を食べるみたいに、たくさんの人がここに集まってニコニコ笑顔でいっぱいになればいいなと思っています。

<なべかま通信vol.53  発行しました>

 お待たせしました!!

 

なべかま通信vol.53 発行しました!!

 

今回のテーマは

 

・トピック<50歳を超えて思うこと>

・自家製ピクルスを作ろう

・アンケート 漬物は作る?買う?

・アンケート 豆腐はどんな味で食べますか?

・アンケート 腸内環境にいいことしていますか?

・いまどきのお台所会議

・あきさんちの普通だけど普通でない食卓<焦らず無理せず進むこと>

・私のはまった食べ物2015

 

読んでみたいと思ってくださるなら、是非ご一報ください。

一回だけでもお送りいたします。

 

メールでご連絡いただくか

あるいは、郵便振替で代金を振り込んでください。

 

加入者名 お台所奉行の会

口座番号 0015-9-131744

 

一冊300円です。

(送料と印刷代がかかるので、すいません)

 

<新刊本 「赤本合格レシピ」発売のお知らせ>

 

新刊本のお知らせです。

 

「赤本合格レシピ」 教学社 1300円

 

今回の本は、受験生のためのレシピ本です。

 

子供の受験のとき、親というのは本当に無力です。子供のためにできることは、ほんの少ししかありません。せいぜい、家の中を居心地よくして、おいしいご飯を作ってあげることくらい。

 

けれど、食べることは、体の調子を整えたり、心のバランスをとったり、受験を乗り切るためには大切なこと。

その食べることを、体と心の両方の面からサポートできるようなレシピを、今回一冊にまとめました。

お役に立てれば、幸いです。

 

詳しくは、でいりいおくじょのの7月14日をご一読ください。

 

2016年

6月

25日

京都中華 からしそば

先日京都で食べたからしそばを

 

家で作ってみました。

続きを読む 0 コメント

2016年

6月

24日

読書日記「中国人の胃袋」&豆腐ハンバーグ弁当

梅棹忠夫氏の本の中に

京都人の度し難い中華思想という表現が出てきて

京都人の何をもって、中華思想とおっしゃったのかを知りたくて

 

中国人の食習慣や食の歴史について書かれた本を読んでみました。

続きを読む 4 コメント

2016年

6月

23日

鶏のこしょうから揚げ弁当

昨日の夕飯に鶏のから揚げを作ったのを

少しだけ、お弁当用に衣をつけた状態で取り分けて置いたので

 

今日は、鶏のから揚げ弁当です。

続きを読む 1 コメント